fc2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2022-11-28 (月) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
うちの庭には、居候が住み着いています。
世代交代はありますが、キジバトとスズメです。
鳥は写真に撮るのが難しいのでボケてますが、大目に見てください。

IMG_4462.jpg IMG_4463.jpg IMG_4464.jpg キジバトのつがいです。写真を撮っていたら、外に出てしまいました。

IMG_4474.jpg IMG_4475.jpg IMG_4476.jpg IMG_4477.jpg サザンカの枝に止まっているところを、家の中から撮りました。

この子たちはどちらがそうか分かりませんが、1羽は庭で産まれた子です。
モミジの木の中に巣があって、そこで代々子育てをしています。
どちらかがその子で、今年産まれた若鳥です。
子供が育つと親鳥は出ていき、子供が伴侶を見つけると自分が育った巣で子供を産んで育てます。
それの繰り返しで、何代も続いています。

次はスズメの集団です。

IMG_4478.jpg IMG_4480.jpg IMG_4481.jpg IMG_4482.jpg IMG_4483.jpg IMG_4484.jpg IMG_4485.jpg じっとしていないので、分かりにくいですね。

スズメ達も、キジバトの巣がある木に住んでいます。
うまくとれていませんが、たぶん4~50羽はいると思います。
エサはお隣の家があげています。
午後はたいていベランダで遊んでいますが、行くとバタバタと逃げてしまいます。

スズメはベランダの植木鉢で土浴びをするので、ベランダは土だらけです。
時々片付けるのですが、いたちごっこですね^^

キジバトもスズメも特に構ったりしないで、好きにさせています。
みんな可愛いですよ。
スポンサーサイト



2022-11-24 (木) | 編集 |
こんばんは、まみこです。
今月も、もうすぐ終わりますね。
月日が経つのは、早いです。
今月の寄せ植えが届いていますので、紹介します。

IMG_4447.jpg IMG_4448.jpg 横長の植木鉢です。

IMG_4450.jpg 左後ろは「ストック・ベイビー」です。

IMG_4451.jpg 右後ろは「葉牡丹」です。

IMG_4452.jpg 中段左は「シロタエギク」です。

IMG_4455.jpg 中段右は「ネメシア・アレンジ」です。

IMG_4453.jpg 左前は「葉牡丹」ですが、後ろのとは、色も葉の切り込み方も違います。

IMG_4454.jpg 右前は「ビオラ」です。

「ストック・ベイビー」と「ビオラ」が1年草で、あとは多年草です。
この時期になると、必ず「葉牡丹」が入りますね。
「シロタエギク」も、けっこう入るので以前のものが3本残っています。
でも、花は咲きません。
「シロタエギク」は、花が咲かないのでしょうか。
2022-11-20 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
今年は気候のせいか、花が咲く時期が今までと違います。
とりあえず咲いた花を、紹介します。

IMG_4339 - コピー (2) IMG_4340 - コピー (2) シュウメイギクです。

IMG_4341 - コピー (2) IMG_4342 - コピー (2) ニチニチソウです。

IMG_4365.jpg IMG_4367.jpg シロスジアマリリスです。

IMG_4371.jpg IMG_4372.jpg 白いミズヒキです。葉にふが入っています。

IMG_4373.jpg IMG_4374.jpg スーパーアリッサム・フロスティーナイトです。

IMG_4377.jpg IMG_4378.jpg ホトトギスです。

IMG_4375.jpg IMG_4368.jpg IMG_4369.jpg IMG_4379.jpg IMG_4380.jpg IMG_4461.jpg ミニバラです。

IMG_4382.jpg IMG_4383.jpg ジジガーデンマムです。

IMG_4459.jpg IMG_4460.jpg ゼラニウムです。

IMG_4457.jpg IMG_4458.jpg サザンカです。

今はサザンカが満開です。
今までで一番たくさん花を咲かせていると思います。
2022-11-15 (火) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
午前中に精神科のクリニックに行ってきました。
前回行ってから、少し不調なので先ずは体調の話をしました。
その後は、いつもの雑談です。

先生は私と話すのが好きみたいです。
考え方が似ていること、反応がいいこと、理解力があることなどで、「まみこさんと話してると楽しい」と言ってくれます。
読んで参考になった本も、お互いに紹介しあっています。
医療界の現実も、教えてもらっています。
なので、私も先生と話すのが楽しいし参考になります。

最初にそういう話をするきっかけになったのは、明治天皇のことです。
先生が「誰にも言っちゃ駄目だよ」と言って、明治天皇がすり替えられたということを言いました。
本当はもっとヤバイことも言ったのですが、事実ではなかったしここでは伏せておきます。
「それ、面白そう」と言って、私は早速調べ始めました。

次回行ったときに「すり替えは事実、でも○○じゃなくて本名は△△」と言いました。
まだ調べている途中だったので、詳しくは分かっていませんでした。
その次の診察日に、調べて分かったことをA4用紙2枚にまとめて渡しました。
先生は読んで、「そうなんだー」と目を輝かせていました。

それ以来、いろんなジャンルの情報交換をしあっています。
病気や医療関係のことは、殆ど先生発です。
それを参考に、自分で更に調べるといった具合です。
今日も、そんな話をしてきました。

視野が広がり、とても楽しいです。
2022-11-12 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私は特に好きな芸能人はいないのですが、今は亡きパク・ヨンハ君が大好きです。
ヨンハ君は韓国の俳優であり、歌手でもあります。
「冬のソナタ」を見た方はご存じだと思いますが、ヨン様の恋敵サンヒョク役を演じた人です。

1977年8月12日生まれですが、2010年6月30日に自殺してしまいました。
原因は色々言われていますが、本当のことは本人にしか分からないでしょう。
気配りができて真面目な努力家で礼儀正しく、どちらかというと日本人に近い性格のようです。
韓国内では、親日派と言われかなりバッシングを受けていたようです。

最近のKポップグループなどは、日本進出の為に無理矢理日本語の猛特訓をさせられるようです。
ヨンハ君世代ではそういうこともなく、日本語ができなくても問題無しという雰囲気でした。
ただヨンハ君は日本で歌手として活動するため、自分で進んで日本語の勉強をしました。
最初は個人指導を受けたのですが、競争相手がいないと上達しないということで日本語教室に通いました。
その甲斐あって日常会話は問題なく、最後となってしまった日本縦断コンサートツアーでは、スタッフやバンドも日本人だけでMCも本人が勤めました。

今はもういないヨンハ君を偲んで、大好きな曲を2曲貼り付けておきます。

Heartです。



震える愛です。




2022-11-07 (月) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
9月と10月に、部屋に生けた花達です。
この時期は、花の種類も少なかったです。

IMG_4195.jpg IMG_4196.jpg IMG_4197.jpg IMG_4198.jpg

IMG_4351.jpg IMG_4352.jpg IMG_4353.jpg IMG_4354.jpg IMG_4355.jpg

IMG_4381.jpg

IMG_4401.jpg IMG_4402.jpg IMG_4403.jpg IMG_4404.jpg IMG_4405.jpg

IMG_4406.jpg

これだけです。
種類は少ないですけど、どれもけっこう長持ちしました。
朱色の花は、珍しいでしょう?
「ピンフラワー」というのだそうです。
お花屋さんで教えていただきました。
時にはお花屋さんでも、名前が分からない花もあるんですよ。
これは、日本の花ではないと思います。

2022-11-02 (水) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
今日術後1週間目の診察で、眼科に行ってきました。
経過は良好ということで、安心しました。

手術の翌日は眼帯を外しに行ったのですが、特に問題はありませんでした。
ところがその日から7日間、いろんな規制があって不自由でした。
まず院内で、保護メガネをかけます。
これは、前もってサイズを合わせておいたものの新品を受け取っていたので、持参しました。

IMG_4416.jpg IMG_4417.jpg IMG_4418.jpg IMG_4419.jpg IMG_4420.jpg こんな感じで
顔に密着するように、縁の外側に出っ張りがあります。

この眼鏡は、1週間ずっと寝る時もかけたままでいます。
眼鏡をかける習慣がないので、とても鬱陶しく視野も狭くなります。
今日外すことができて、すっきりしました。

3種類の目薬を1日4回、5分おきに点眼します。
洗顔、洗髪は禁止です。
顔は絞ったタオルで拭きます。
メイクはもちろん禁止ですが、お風呂は首から下だけ入ることができます。
お酒は飲んではいけません。

今日からは、洗顔洗髪もできますし、眼鏡も埃っぽいところ以外では外していても構わないそうです。
点眼は継続し、2週間ごとに診察を受けます。
これでだいぶ楽になりました。

皆様には温かいお心遣いをいただきまして、ありがとうございます。