fc2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2022-02-28 (月) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
2月も今日で終わりですね。
昨日今日と温かくお天気もいいですが、春の天気は分からないですね。
今月分の寄せ植えが届いていますので、紹介します。

IMG_3492.jpg IMG_3493.jpg まだ花が少ないです。

IMG_3494.jpg 後ろは「チューリップ」です。まだ蕾がついていないので、何色の花が咲くのか分かりません。

IMG_3495.jpg IMG_3496.jpg 中段は「リナリア・グッピー」です。左右で花色が違うみたいです。

IMG_3497.jpg 前の左は「ラナンキュラス・マシェ」です。

IMG_3498.jpg 前の右は「ビオラ」です。

チューリップとラナンキュラスは球根で、あとは一年草です。
最近球根に興味が出てきて、今年はチューリップをたくさん植えました。
芽が出てきましたよ。
ラナンキュラスも、少しずつ集めています。

スポンサーサイト



2022-02-23 (水) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
最近読んで面白かったり、良かった本を紹介します。
私が読む本は殆どが政治や国家に関するノンフィクションなので、そういう類は避けました。

IMG_3441.jpg IMG_3442 (1) 大橋眞著の「新型コロナとPCR検査の真相」です。大橋氏の本は分かりやすいので、出版されると読んでいます。

IMG_3447 (1) IMG_3448 (1) 笠原一郎著「ディズニーキャストざわざわ日記」です。夢の国ディズニーリゾートで働く非正規社員の裏話です。ディズニーランドは行ったことがありませんが、働く側から見た現実がよく分かって面白いです。

IMG_3464 (2) IMG_3465 (1) 大好きな猫漫画のシリーズで、深谷かほる著の「夜回り猫・8」です。相変わらずほんわかする内容で、1巻から全部読みました。

IMG_3488.jpg IMG_3489.jpg IMG_3490.jpg IMG_3491.jpg 群ようこ著「じじばばのるつぼ」です。ジジババあるあるの話満載のエッセイで、こうはなりたくないという参考になりますよ。

ジャンルはバラバラですが、気になったものがありましたら幸いです。

2022-02-19 (土) | 編集 |
こんばんは、まみこです。
皆さんは、霊魂の存在を信じますか?
私は信じていますし、実際に体験もしています。
今までは単に音(声?)を聞いたり気配を感じるだけでしたが、今は母の魂に守られていると確信しています。

以前、母の姿が見えたことを書きました。
あれ以来姿は見ていませんが、声を聞いたことがあります。
朝は目覚まし時計で目が覚めるのですが、寝起きが悪くたいていグズグズしてしまいます。
そんなある日寝ぼけたままベルを止めてボーっとしていたら、母に呼ばれました。
最初は寝ぼけ声で返事をしたのですが、今度ははっきりと聞こえたので「はい」と答えて起きました。
母が起こしてくれたのだと思います。

それ以来、毎日のようにパキッというラップ音がするようになりました。
いつも夜寝る支度をしている時で、寝室にしている和室で聞こえます。
ああ、お母さん来てくれてるんだと思って、恐怖とかは全くありません。

先日2月17日のことです。
私はいつもダイニングで過ごしているので、冬は灯油ストーブを点けています。
それでも寒いときは、和室のガスファンヒーターも点けます。

その日の夜ガスストーブを点けたら、何だか顔が火照って頭がボーっとしてきました。
ガスストーブを消さなきゃと思いつつ、面倒でそのままにしていたら頭の上でラップ音がしました。
いつもと違って大きな音で、バキバキ続けざまに鳴ります。
何だか分からなかったのですが、ストーブは消しました。
そうしたら音も小さくなり、消えました。

翌日ガスストーブを点けて昼食をとっていたら、またビキビキバキバキ鳴るのです。
それでストーブを消したついでに裏側を見てみたら、フィルターに埃がびっしり溜まって目詰まりしているのです。
フィルター掃除の赤い警告ランプも点いていました。
フィルターの掃除をして綺麗にしたら、ダイニングでラップ音がすることは無くなりました。

母が危険を知らせてくれたお陰で、一酸化炭素中毒にならずに済みました。
母が亡くなってからは、毎日布団に入ってから心の中で話しかけて感謝の気持ちを伝えてきました。
母の魂はいつも傍で守ってくれていると思っています。

2022-02-16 (水) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
そろそろ花の苗が出てくるようになりました。
最近買った小さな植物達を、紹介します。

IMG_3392.jpg IMG_3393.jpg IMG_3394.jpg 「プリムラ・イチゴのミルフィーユ」です。まだ開いていません。

IMG_3395.jpg IMG_3396.jpg IMG_3397.jpg IMG_3398.jpg また「ヒヤシンス」の水栽培を買ってしまいました。だいぶ根も張っていて、蕾が顔を出しています。

IMG_3418.jpg IMG_3419.jpg IMG_3420.jpg 「アイビーゼラニューム・エレガンテ」です。ピンクの縁取りが、綺麗です。

IMG_3425.jpg IMG_3426.jpg IMG_3427.jpg 「ネメシアネシア・デニム」の2個組です。写真より綺麗な紫色ですよ。

IMG_3466.jpg IMG_3467.jpg IMG_3468.jpg 「アネモネ・アンアリス」です。最近アネモネも気に入ってます。

花苗が出てくると、春を感じて嬉しいですね。


2022-02-11 (金) | 編集 |
こんばんは、まみこです。
私は元々ジャンルを問わず好きですが、今1人の歌手にハマってしまっています。
たぶん知らない方が多いと思いますが、真木ひでとさんという演歌歌手です。
昔グループサウンズが流行っていた頃、野口ヒデトという名前でオックスのボーカルをしていた人です。
グループサウンズが下火になり、殆どが解散しました。
当時はザ・タイガースの沢田研二が人気で騒がれていましたが、私は好きではなかったです。
顔もビーっとした声も好みではありませんでした。
強いて言えば、野口ヒデトさんが好きでした。

その後何年かして、たまたま見たテレビで「全日本歌謡選手権」というのをやっていました。
10週勝ち抜くとレコードデビューできるということで、出場者はみんな上手なのですが採点も厳しくたいていの人が脱落していきます。
そこに懐かしい野口ヒデトさんが出場したのです。
演歌を歌ったのですが「この人こんなにうまかったかな?」と思うほど、良かったです。
そして見事10週勝ち抜きました。

それからしばらくして、また偶然テレビで彼を見ました。
名前を真木ひでとと変えて、演歌歌手になっていたのです。
ただその時はそれ程印象もなく、忘れていました。

ところがどういう訳か、彼が夢に出てきたのです。
気になってYouTubeで見てみたら、何だかとてもいいのです。
それからCDを買い込んで、毎日聴いています。
少し鼻にかかったハスキーな声が、魅力的です。

IMG_3449.jpg IMG_3450.jpg IMG_3452.jpg 

IMG_3453.jpg これは5枚組のボックスです。

IMG_3454.jpg IMG_3455.jpg IMG_3456.jpg IMG_3459.jpg IMG_3460.jpg IMG_3461.jpg IMG_3462.jpg IMG_3463.jpg 中身です。オリジナル曲もいいですが、カバー曲もいいです。

参考のためにYouTubeを貼っておきますので、良かったら聞いてください。
曲は「夢よもう一度」です。
正真正銘ド演歌ですので、腰を抜かさないでくださいね^^



2022-02-07 (月) | 編集 |
こんばんは、まみこです。
立春を過ぎても、毎日寒いですね。
この季節は花が少ないですが、少しだけ咲いている花を紹介します。

IMG_3334.jpg ミニバラです。もう少し咲いているのですが、写真は撮りませんでした。

IMG_3335.jpg IMG_3336.jpg 椿「赤西王母」です。小ぶりな花です。

IMG_3337.jpg 「ダイアンサス・ブラックチェリー」です。季節を問わず、細々と咲いています。

IMG_3367.jpg IMG_3368.jpg 「タカノハススキ」です。元ミョウガ畑だったところへ植え替えました。

IMG_3372.jpg IMG_3373.jpg 「万両」ですが、野鳥が食べてしまったので今実はありません。

IMG_3401.jpg IMG_3402.jpg 「三平椿」です。この花もやや小ぶりです。

本当に少ないですね^^
植えた球根の芽がちょぼちょぼ出てきたので、これからが楽しみです。
2022-02-03 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
母は認知症になり、最後は私のことも分からなくなりました。
母の認知症が始まったきっかけは、私の乳癌を告げたことではないかと、今になると思うのです。
それまで認知症らしい言動は、全くありませんでした。
ごく普通に会話もして、生活していたのです。

自分自身乳癌に罹るとは、全く考えていませんでした。
夜中に右胸に激痛が走り、触ってみたらしこりがあるように感じました。
そこで病院に行ったのですが、翌日非常勤の先生が来るのでもう一度来るように言われました。
その先生は大学病院の乳腺外科の女医さんで、早速CTとエコーの検査をしました。
エコーをしながら「ああ、これですね」と言い、詳しい検査をするので大学病院のほうに来るようにと紹介状を書いて下さいました。

家に帰って母にそのことを告げたのですが、無表情で無言でした。
母は私を宝のように大事にしていたので、ショックを通り越して何かが壊れてしまったみたいです。
以後普段の生活に変化はありませんでしたが、私の病気に関してだけ頭から消えたようです。
私が検査のために病院に通ったり、治療で入院しても無反応でした。

入院中は姉に来てもらっていたのですが、私のことは何も言わなかったそうです。
私は最初は抗癌剤治療から始めましたが、副作用が色々と出ます。
1番人目に付くのは、脱毛です。
退院してからも髪が大量に抜けるので、面白がって抜いた髪を積み上げたりしていました。
そんな様子を見ても、母は何の反応も示しませんでした。

手術のため2度目の入院をした時も、姉が来てくれました。
面会に来た時姉に「なんか、ハハ(私達2人の間では、ハハと言います。ニックネームみたいなものです)変じゃない?」と聞くと、「うん、なんかおかしい」と言って日常行動のおかしなところを教えてくれました。

その後母は認知症状が進んでいき、もう何もかも分からなくなってしまったのです。