fc2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2021-02-22 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私が琵琶を始めたきっかけは、過労とストレスによる入院でした。
その際先生に「仕事を少し減らして、何か趣味を持ったら?」と言われました。
私は元々琵琶に興味があって、やってみたいなと思っていました。
ところがどこで教えているのか分かりません。
産経学園に絽刺しを教えに行っていた母が、産経学園にも琵琶の教室があると言います。
パンフレットをもらってきてもらったら、琵琶でも錦琵琶でした。
私がやりたかったのは、薩摩琵琶です。

そんな話を母としていたら、父が「それならMさんの奥さんがやってるよ」と言うので、早速紹介してもらいました。
初めて師匠の所に行く時は、Mさん(奥さん)と地下鉄のホームで待ち合わせました。
もちろん奥さんとは初対面です。
その日は師匠の家でお稽古風景を見学して、入門することに決めました。
始めてみると面白くて、師匠もプロにするためにお稽古をつけてくれました。

お稽古は毎週火曜日と土曜日の午後からで、来た順番に教わりますが、終わってもみんなが終わるまで帰りません。
人のお稽古を聞くのも自分のを聞かれるのも、練習のうちだからです。
私は最初は土曜日に行っていたのですが、師匠から火曜日に来るように言われました。
土曜日は趣味でやる人、火曜日はプロになる人と分けていたみたいです。

正直なところ私はMさんと別の日になって、ほっとしました。
Mさんは、不平不満が多い人でいつも文句ばかり言っています。
顔をしかめたり、眉間にしわを寄せたりして批判ばかりしている人です。
私に対しても、何かと指図するのです。
確かに経験は長いのですが、長くやっているから上手とは限りません。
だんだんMさんの人柄が分かってくると、うんざりする人だと思うようになりました。

つづく
スポンサーサイト