このブログは、リンクフリーです。
2017-06-11 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
韓流が流行したのは、もう10年くらい前でしょうか。
私もドラマにはまって、好きなスターがたくさんできました。
Kポップには興味がありませんでしたが、ドラマや映画のDVDをたくさん買い込みました。

私はレンタルというのが苦手で、自分で持っていたいタイプです。
DVDに限らず、本でも借りるということはしません。
返却期限があると、落ち着かないのです。
だから、欲しいものは全て購入します。

私が買っていたDVDは、いわゆる海賊版で違法なコピー商品です。
なので、とても安価に手に入ります。
韓国のものですが、仲介する人がいて、そこから買っていました。
ちゃんと日本語字幕も付いています。

先日姉のお見舞いに行ったとき、姉と姪と3人で話していて、韓流DVDの話になりました。
姪はまだはまっていて、ずっと前に貸したDVDを繰り返し観ていると言いました。
同じものばかりではつまらないだろうと思い、別のものを送ることにしました。

とにかくDVDはたくさん持っているので、適当に見繕ってけっこうな数を送りました。
自分で観て面白かったものを中心に選びました。
昨日、姪から届いたという電話がありました。
「これ、全部くれるの?」と、とても喜んでいました。
姉と一緒に観ると言っていました。

貸したものはどうせ返って来ないので、全てあげることにしました。
私は多分もう観ないので、また選んで送ろうと思っています。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>クウ母さん
おはようございます。

姉も今、姪の家に居候しているので、一緒に観ていると思います。
姉は耳に障害があるので、字幕のものはありがたいです。
きっとあれこれツッコミながら、観ていると思います。
私も母の介護が始まってから、なんとなく遠ざかってしまいました。
時間ができたら観ようと思っているのですが、なかなか・・・
印象に残っているドラマや映画はたくさんあります。
でも「冬のソナタ」は、原点ですね^^
2017/06/13(火) 08:48:52 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんばんは
お姉様と姪御さんで、まみこさんのDVDを観ることができてよかったですね。^^
おふたりが楽しそうにしていらっしゃるご様子は、まみこさんにとっても嬉しいことでしょう。
やはり姉妹はいいですね。
韓流ドラマはいつの間にか観なくなってしまいましたが、冬のソナタが何といっても懐かしいです。

2017/06/12(月) 23:20:03 | URL | クウ母 #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんばんは。

もう時効でしょうが、犯罪ですよね。
韓国では、ドラマが放映されたその日のうちに、コピー商品が出回るそうですよ。
どういうルートなのかは分かりませんが、私が買っていたのは日本人からです。
その人は、DVDだけだと思いますよ。
それはもう膨大な数です。
ドラマだけではなく、映画はもちろんバラエティやファンミーティングなど、いろいろありました。
2017/06/11(日) 18:09:37 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちわ。('◇')ゞ
か、海賊版!
(; ・`д・´)犯罪の臭いが・・・。

へぇ、そういうの出回っているのですね。
(´艸`*)どこで売ってるのですか?

韓国モノで、仲介する人・・・。
うわぁ。DVD以外にも手広くやっていそうですね。

冬のソナタしか知らないmandakazuには
どれくらいドラマがあるのか
わかりません。たくさんあるのでしょうね、
2017/06/11(日) 15:19:33 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

姪はとても嬉しそうだったので、送って良かったです。
電話を途中で姉に変わりましたが、「元気だよ」と言っていました。
副作用もほとんどないようです。
化学療法は3週間が1クールなので、3週間ごとに10日間の連続通院だそうです。
疲れますね。
姉も、DVDを喜んでいました。
2017/06/11(日) 15:11:37 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは^^♪
姪御さん喜ばれたでしょうね^^
よかったですね(*^。^*)
かわいいでしょう^^
お姉さまもご一緒に観られていいですね。
お加減いかがでしょうか。
今も每日通院されてるのですか?
大変な每日にDVD鑑賞は大切な憩いの時間になるでしょうね。
1日も早いご回復をお祈りします。
2017/06/11(日) 14:19:14 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: