このブログは、リンクフリーです。
2015-12-05 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
母が亡くなって7か月余り、昨日やっと相続の手続きが完了しました。
昨日税理士さんがみえて、書類を全部受け取り、支払いも済ませました。
書類を見ましたが、随分大変な作業なんですね。

父が亡くなった時の手続きは、私がやりましたが、とても面倒なものでした。
土地は元々母の物ですし、遺産も少なく相続人も3人だったので、揉めることもありませんでした。
それでも銀行や法務局の手続きが面倒で、私は円形脱毛症になりました。
だから母の時は専門家に任せようと、前から決めていました。

父の時はまだ従兄が地元の町役場に勤めていたので、原戸籍は揃えてもらいました。
遺言書はなかったので、見よう見まねで遺産分割協議書を自分で書きました。
3人とも異論はなかったので、分割はすんなりいきました。
それでもかなり大変な作業でした。

もうあんな思いはしたくなかったので、プロに任せることにしたのです。
ネットで調べて、近所の事務所を選んだのですが、幸いとても良心的なところでした。
最初に司法書士事務所で名義変更の手続きをしてもらい、そこの紹介の税理士事務所で税金関係の手続きをしてもらいました。

相続税も高くなりましたね。
父の頃は控除額が6000万プラス相続人数×1000万だったのですが、今度は控除税額3000万プラス相続人数×600万です。
これでは相続税がだいぶかかってしまいます。
そこを税理士さんにうまくやってもらい、何とか切り抜けました。
違法なことはしてません。
ただ素人が知らないことをプロは知っているということです。

専門家に任せて、本当に良かったと思います。
これで遺産相続が全て終わり、ほっとしています。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>mandakazuさん
おはようございます。

莫大な(?)遺産を相続したものですから、大変でしたよ^^
いやいや、少ない遺産でも、相続手続きは面倒です。
電話まで、相続対象になるんですものね。
粉や葉っぱはあくまでも私物でして^^

本当に手続きは、お金を払ってでも専門家に任せるのがいいですね。
ものすごく煩雑ですから。
事務所に頼んでも、半年かかりましたもの。
2015/12/07(月) 09:26:25 | URL | まみこ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
横溝正史の「犬神家の一族」のように
信州の大財閥の遺産相続をめぐる一族の骨肉の争いに
ならなくて何よりでございました。

それにしても相続できる遺産があって
うらやましいですね。
さすが、闇の総合・商・・社。
v-12

専門家の手数料もけっこうするものなんでしょうね。
でも、自分でやるよりはいいのでしょうね。
餅は餅屋って、ことですかね。
v-8
2015/12/06(日) 19:33:12 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんばんは。

遺産相続なんて一生のうちにそう何度もあることではないですが、やっぱり面倒なものですね。
昨日いただいた報告書類を見て、ここまで詳しくするのかと思いました。
素人には無理です。
ご長男さんが、そういうお仕事なんですね。
気を遣う大変なお仕事ですね。
他人の財産に関することですもの。
きままなマーシャさん家は、安心ですね。
2015/12/05(土) 18:12:34 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは^^
おつかれさまでした。
大変だったでしょう。
遺産を相続するということは
それだけの責任があるということかもしれませんね。
うちは幸いに長男がその方の仕事をしてるので
これまでのことは任せました。
気分も新たに日々を過ごせるようになってよかったですね^^
2015/12/05(土) 15:54:17 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
>ポルタ♪さん
こんにちは。

本当ですね。
なまじ素人がやると、煩雑過ぎて分からないことばかりです。
法務局の役人は偉そうにしているし、銀行も感じ悪いし、全くストレスが溜まります。
やっぱり餅は餅屋ですね。
一段落して、一息ついてます。
2015/12/05(土) 15:38:46 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは。
この様な手続きを一人でされる方もいますが
専門家に任せるのが良いですね
余計な心配をせずに済みます。
これで一段落・・
お母さまの良き思い出とともに世界を広げてくださいね(*^_^*)。
2015/12/05(土) 11:05:53 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: