このブログは、リンクフリーです。
2015-08-11 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
心療内科に通い始めて、半年ほど過ぎても何の変化もありませんでした。
X先生の診断は「介護鬱」ということです。
薬なんか飲まなくても、介護が終われば治るそうです。
私としては、介護をしている現在が問題だったのです。

実感がないままカウンセリングを受けていると、X先生はだいぶ顔つきが良くなったと言います。
並行して日医大の精神科にも通っていましたが、S先生は何も言いませんでした。
内心疑問を感じていたかもしれません。

X先生は「おばあちゃんなんか2~3ヶ月もすれば死ぬよ」と断言していました。
この言葉は3度くらい言われました。
でも母はデイサービスでのリハビリが効いたのか、少しずつ歩けるようになってきました。
手引きや伝い歩きですが、回復してきているのです。

私は頻繁にパニック発作を起こすようになっていました。
そのことはX先生には言いませんでした。
本当はカウンセリングもやめたかったのですが、母の薬を取りに行く関係でやめることができませんでした。
私も優柔不断なところがあるのです。

夏が近づくにつれ、体調は悪化してきました。
それで母には施設に入ってもらうことにして、施設を探し始めました。
それに反してX先生は「随分良くなったね。もう普通と変わらないよ」と言います。
そして「おばあちゃんなんて、もうすぐ死ぬよ」と繰り返すのです。

私が望んでいるのは、母の死ではありません。
できるだけ長生きして欲しいと思っていました。

希望していた施設の受け入れが決まり、入居待ちの状態になった頃です。
私の体調は最悪になりました。

つづく
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>ポルタ♪さん
おはようございます。

世の中には、こういう独断的な先生もいるんだなと思いました。
私が何を望んでいるかは、問題外みたいでしたよ。
母が死んで、介護から解放されたいと思っていたのでしょうか。
「おばあちゃんなんて、2~3ヶ月もすれば死ぬよ」という言葉は随分無神経ですよね。
信頼関係は、なかったです。
この先生に治してもらえるとは、思えませんでした。
2015/08/12(水) 10:05:48 | URL | まみこ #-[ 編集]
>mandakazuさん
おはようございます。

2回で終わろうと思ったのですが、長くなってしまいました。
X先生って、ユニークというか、ちょっとヘンですよね。
名前も明かさないので、モグリかと思いました。
でも、区の保険診療のお知らせには記入されているので、本物なんですね。
さて、X先生にドクロマークを付けたでしょうか^^
2015/08/12(水) 09:58:51 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
X先生のモノの言い方に
ショックを受けました
まみこさんご本人の努力と周囲の環境
その上での専門家からのアドヴァイス
これがうまくかみ合わないといけません
信頼関係が少し薄く感じました
頑張ってね・・って今の事ではなかった:汗。
でも前向きにね(*^_^*)。
2015/08/12(水) 06:52:07 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
続きが読みたくなりますねー。

またいいところで
話が終わりますね。

映画ですと、X先生は
すでに死亡フラグが立っていますね。
(このあと必ず死ぬという展開)
v-12

もしかして、
江戸川乱歩賞ですか!先生!
2015/08/11(火) 21:54:57 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんばんは。

行くたびに顔つきが良くなってきたと言われていました。
「薬なんか飲まなくても治るんだ」というのが、自論でした。
自信家でしたね。
まあお医者さんが自信がなくても困るんですけど^^
もうすっかり思い出話になりました。
2015/08/11(火) 18:03:36 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは。
まみこさんの体調が良くない方へ向かってることを
その先生はわからなかったのですね。
大変でしたね。
いつか時間がやさしく思い出にしてくれる日が訪れると思います。
2015/08/11(火) 14:34:23 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: