このブログは、リンクフリーです。
2015-05-25 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
母が亡くなって1か月が過ぎました。
昨日は母の誕生日でした。
せめて誕生日を迎えるまで生きていて欲しかったですが、1か月早くあの世へ行ってしまいました。
この1か月は、長かったような、あっという間だったような、不思議な気分です。

私は母親っ子でしたから、母が大好きです。
気も合うし、とても仲が良かったです。
母は認知症になるまでは、よく「お母さんは幸せ」「まみこと一緒で良かった」「お母さんほど幸せな人はいない」と言っていました。
認知症になってからは、どうなのでしょう。
人格が変わってしまいましたから、心のうちは分かりません。

自宅介護していた頃は、私も普通ではなかったと思います。
イライラして、腹が立って、憎らしいと思うことも多々ありました。
いけないことですが、早く死ねばいいのになんて考えたこともあります。
喚き騒ぎ、怒り狂い、手が付けられない状態でした。
それでも、じっと我慢でした。

「私はロボット、介護ロボット、感情は無い」と自分に言いきかせ、苛立ちを抑えていました。
言葉では言い表せないほど、過酷な日々でした。
精神的にも肉体的にも、疲労困憊し限界に達していました。
それで「家で死にたい」という母の希望を絶ち切って、施設に入ってもらったのです。

認知症を発症してからの、約8年間は今は記憶から消えかかっています。
特に自宅介護の日々の記憶は、大分薄れてきています。
無意識にそうしているのかもしれません。

あの日々も今になっては、遠い昔のことのようです。
私の中の母は、綺麗で上品で優しい母のままです。
母の子供で良かったとつくずく思えるのです。
母が大好きです。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>ポルタ♪さん
こんばんは。

介護を通して感じたことは、プロに任せるほうがいいということです。
素人には限界があります。
まして1人介護や老老介護は無理です。
でもそれには介護体制の充実が急務ですね。

人間の記憶は、不思議ですね。
消したい思い出は、消せるようにできているのかもしれません。
忘れてはいないのですが、感情が伴っていないのです。
まるで憎いなんて思ったこともなかったように。
2015/05/26(火) 18:17:30 | URL | まみこ #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんばんは。

介護期間を除けば、母との思い出はいいものばかりなんですよ。
私の中には、母しかいないんです。
父は除外です。

お坊さんの話だと、49日の間、魂はその辺を彷徨っているそうですよ。
きっと母は傍にいると思います。
そういえば先日の夜中「まみこ、風邪ひくわよ」という声を聞きました。
全然違う夢を見ていたのですが、突然言われてぼんやり目を覚ますと、布団をはいで寝てました。
2015/05/26(火) 18:07:49 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
介護の日々は孤独です
ほとんどの方はそれに耐えておられますね
でも月日が経つと・・
良き思い出のみが残る
人間として生きて行くにはそれが良い道なのかも。
知恵なのでしょうね(*^_^*)。
2015/05/26(火) 06:43:02 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
お母様のいい思い出が
残っているのはすばらしいですね。

今、お母様の魂は
どのへんにいるのでしょうかね?

上品な母親の笑顔をして、
まみ子さんの近くにいるのでしょうか?

それとも、
もっと若いころにもどって、
青春をたのしんでいるのでしょうか?
2015/05/25(月) 21:29:03 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>haruさん
こんばんは。

haruさんのご苦労、よく分かります。
特に男性を介護するのは、とても大変だと思います。
頑張り過ぎないようにと言っても、頑張らざるをえないんですよね。
共倒れにならないように、祈っています。

時間と共に苦労は消えていくものですね。
2015/05/25(月) 18:02:39 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは~
こんにちは~

自宅介護大変ですよね。
うちも母は施設だけど父は自宅ですもんね。

いつも時間が解決してくれると思ってます。
2015/05/25(月) 16:37:12 | URL | haru #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

1か月は長かったような短かったような・・・
でも、もういないんだなと思えるようになりました。
毎日お骨に話しかけているんですよ。

認知症で別人のようになってしまった母の姿は、私の中から消えつつあります。
浮かぶのは、笑顔の母です。
母がずっと守ってくれると、信じています。
2015/05/25(月) 15:29:44 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは^^
早いですね。
もう一ヶ月が過ぎたんですね。
毎日の忙しさは悲しみや寂しさを少しだけ薄れさせてくれるのかもしれませんね。
介護はほんとうに大変ですね。
両家の両親を看たのでよくわかります。
まして認知症を患ってらしたのですものね。
それでも時間はなにもかも懐かしくやさしい思い出にしてくれるようです。
お母さま、にこにことやさしい笑顔で
いつもまみこさんを見てくださってるでしょうね(*^_^*)
2015/05/25(月) 14:00:03 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: