このブログは、リンクフリーです。
2015-01-25 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
母の介護度が5になったのは、認知症も進んでいたことと、手以外は全く動けなくなったからです。
寝返りをうつこともできませんでした。

ケアマネージャーさんが早速動いてくれて、まず退院したときの必要品をリースしました。
電動式介護用ベッドに、テーブルと手摺りを2つ追加しました。
あと車椅子とスロープもリースしました。
それからデイサービスも行った方がいいということで、どこにするか選びました。
そういう交渉は、全部やってくれます。

母は一般病棟から療養病棟に移っていたのですが、退院前に準備は整いました。
介護タクシーも手配してもらい、6月4日に退院しました。
本格的な介護が始まりました。

デイサービスは、週2回でしたが、全く動けない母を抱いて車椅子に座らせてくれます。
お風呂も入れてくれるので、助かりました。
デイサービスでのリハビリの成果で、母は少しずつ動けるようになり、立てるまでになりました。
それでポータブルトイレを購入しました。

それから手引きやつかまり歩きができるようになり、昼間はダイニングの椅子に座っているようになりました。
介護度も3まで回復しました。
それで私の疲れをとるため、ケアマネージャーさんがショートステイの提案をしてくれました。
最初は試しに3泊4日でお泊まりをし、大丈夫そうなので2週間にのばしました。

ショートステイの日程は、私の通院日が入るように組みました。
実際母がいると、ごく短時間の外出しかできないのです。
大分自分のことができるようになりましたが、疲労は溜まっていきました。
3だった介護度も4に上がりました。

もう無理というところまできてしまったので、母を施設にお願いすることになりました。
ショートステイは、最大3ヶ月まで利用できますが、続けて利用することはできません。
3ヶ月の長期ステイをお願いして、その間に受け入れてくれる施設を探しました。
幸い見つかったので、ショートステイ先から直接施設に入居しました。

これから介護をなさるかた、まず地域包括センターで相談してみてください。
介護の良し悪しはケアマネージャーさんで左右されます。
この人はちょっと、と思ったらセンターに申し出て変えてもらうといいです。

少しでも参考になれば、幸いです。

書き忘れたので、追記です。
介護が始まるとなったら、介護の仕方の本を読んでおくといいですよ。
図解入りがお勧めです。
私は前もって読んでおいたので、体位交換なども筋肉痛にもならず簡単にできました。
コツを覚えれば、あまり力はいりません。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>クウ母さん
おはようございます。

介護は試行錯誤の連続でした。
正直なところ、相手が母だからできたのです。
父だったらできません。
面倒を見るということは、下の世話も含みますから。
汚物を手で触るなんて、余程大切な相手じゃないと無理です。
仕事だとは割り切れないですものね。
2015/01/27(火) 08:42:52 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんばんは。
読ませていただくと、とてもスムーズに前もって準備ができたように思えますが、いろいろなサービスを上手に利用しても、まみこさん自身の通院もあったし大変だっただろうとお察しします。
私は義父の介護ができるだろうか・・・。う~ん。(-_-;)
勉強になりました。

2015/01/26(月) 23:06:26 | URL | クウ母 #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんばんは。

介護はきれいごとではないです。
ウンザリもしますし、腹も立ちます。
覚悟がないとできないですね。
下の世話だって、素手ですもの。
自分の親、しかもよくしてくれた親だからできるんです。
お金もかかりますよ。
言うは易く行うは難し、です。
2015/01/25(日) 19:31:23 | URL | まみこ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
つくづくひとりでは
できないことと思いますね。

当然、お金もかかるのでしょうね。
これでは介護するほうもまいってしまいます。

CMで”がんばらない介護”なんて
言っていますが、絵空事ですね。
2015/01/25(日) 18:37:56 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

私の癌と同時進行でしたので、始めの頃はあまり世話してやれませんでした。
お姉様も毎日リハビリでは大変ですね。
お義兄様も。
頭がしっかりしている点が救いでしょうか。
介護は覚悟がなくては、できないですね。
2015/01/25(日) 15:31:07 | URL | まみこ #-[ 編集]
>ポルタ♪さん
こんにちは。

その通りです。
とても親身になってくれるケアマネージャーさんでした。
母は口癖のように「家で死にたい」と言っていましたので、在宅介護の覚悟はしていました。
でも、素人には無理でした。
限界までやったし、いい施設にも入れたので、これでいいのだと思います。
2015/01/25(日) 15:24:37 | URL | まみこ #-[ 編集]
まみこさんも通院しながらの介護なので
よけいにお忙しくて大変だったでしょう。
姉は介護5で毎日のリハビリをして自宅に帰ります。
義兄ひとりで大変なので私も仕事の入らない日は行くようにしてます。
最近はほがらかで楽しそうです^^
2015/01/25(日) 15:03:27 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
こんばんは。
ケアマネージャーさんに恵まれたとも言えます。
でも基本はまみこさんがその気にならなければ何も始まりませんでしたね。
誰にでもできる事ではないです。
難しい事ですがまみこさんがお母さんの立場に立って考えた結果だと思います。
これからもよろしくお願いしますね(*^_^*)。
2015/01/25(日) 14:54:34 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: