このブログは、リンクフリーです。
2015-01-23 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
母が認知症になったのは、おそらく2007年頃だと思います。
それも、今になって思えばということで、定かではありません。
なんだかおかしいのではないかと感じるようになったのは、翌年2008年です。
でもまだその頃は、生活に支障はありませんでした。

母は腰が悪く、杖をついていました。
リハビリに整形外科医院に通っていましたが、毎回私が付き添っていました。
2008年中頃からは、杖では辛いとのことで、シルバーカーを押すようになりました。
浅草寺病院の内科にもかかっていましたので、通院はいつも付き添いました。
先生の質問がよく分からないようで、私が説明していました。

2009年になって、認知症だということがハッキリ分かる状態になりました。
足腰も大分悪くなって、4月の通院日にレントゲンを撮ったところ、腰椎圧迫骨折ということでそのまま入院になりました。
一旦退院して、何とか歩けていたのですが、5月に全く歩けなくなりました。
そして再入院したのですが、今度は脊椎圧迫骨折でした。
全く歩けなくなり、認知症も大分進んできました。

看護師さんに介護認定を受けたほうがいいと言われました。
まず地域包括センターに相談に行き、ケアマネージャーさんを紹介していただきました。
ケアマネージャーさんは、もし合わなかったら別の人を紹介してくれます。
幸いとてもいい方だったので、お任せすることにしました。

それからとんとん拍子にことが進んで、介護認定を受けました。
要介護5でした。

長くなるので、次回に続きます。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>クウ母さん
こんにちは。

お加減は如何ですか?
介護の経験がなかったものですから、何をどうすればいいのか全く分かりませんでした。
入院したら、もう寝たきりは覚悟ですね。
認知症の進行も速かったです。
ケアマネージャーさんがいい人で、助かりました。

お大事になさってくださいね。
2015/01/25(日) 11:08:00 | URL | まみこ #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんにちは。

やってみました。
なるほどです。
とても解かりやすい説明、ありがとうございます。
結構いろんなことができるんですね。
面白いです。
これからも色々教えてくださいね。
なにしろ原始人なものですから^^
2015/01/25(日) 11:02:23 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんばんは。
介護認定に行きつくまでが大変でしたね。
骨折で入院すると認知症になりやすいと聞きます。
でも、高齢者の骨折ってすぐに気づかなかったりしますよね。
まみこさんひとりで介護の苦労を背負わず、良いケアマネージャーさんがついてくれて良かったですね。

私のブログにコメントありがとうございました。
2015/01/24(土) 22:55:27 | URL | クウ母 #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
シャッターのところのポッチは
操作していなときは常に真ん中の位置にあります。

でも、大丈夫です。
電源をONにして、後ろの画面をみてください。
ポッチを右に回していると、
どんどん画面の画が拡大していきます。

撮りたい画の大きさになったな、と思ったら
指をポッチからしずかに放すと
ポッチは真ん中の位置に自然に戻り
画面はその大きさで止まります。

また右に回せばそこから画は大きくなります。

逆に左に回しているときは
画が小さくなって広い範囲を写せるようになります。

ポッチをまわしても画が大きく(小さく)ならなくなったら
それはそのカメラの写せる範囲の限界ということです。

電源をONにしたときは最初は
一番広い範囲を写せる設定ですので、
右にポッチをまわすことしかできません。
(左に回してもカメラは反応はしません。)

これで、だいじょぶですか?
2015/01/24(土) 22:52:07 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>ポルタ♪さん
おはようございます。

経験がないと、手続きのこととか知りませんよね。
看護師さんに教えて頂き、良かったです。
ケアマネージャーさんが付くと、心強いですよ。
それでも介護は難しいです。
今は、本当に楽です。
2015/01/24(土) 09:56:37 | URL | まみこ #-[ 編集]
>mandakazuさん
おはようございます。

歩くことがいいんですね。
人間は、足から弱ると言いますものね。
私も最近は、なるべくエスカレーターやエレベーターは使わないようにしています。

カメラ講座、ありがとうございます。
シャッターのところのポッチ、動くけれど手を放すと戻ってしまいます。
押さえたまま、シャッターを押すんですか?
2015/01/24(土) 09:51:37 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
お疲れさまです。
介護認定を受けたのは正解でしたね
素人判断でやみくもに介護をされても苦労ばかりかと思います
今は少しでも精神的な余裕を感じられているようで安心です(*^_^*)。
2015/01/24(土) 07:27:31 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
すこしでも歩いて足、
特に太ももを鍛えるといいといわれています。
(ふとももは第2の心臓なんですって)

ですので、
歩き回って健康に過ごしましょう。

mandakazuのデジカメ講座
○ズーム(画の大きさ連続的に変える)を
使ってみましょう。

シャッターボタンのまわりに
左右に動かせるレバーで写す画の大きさを
変えることができます。

左側にまわす:W(ワイド:広角)広い範囲を写せます。
右側にまわす:T(テレ:望遠)遠くのものを写せます。

接写(マクロ)撮影の時は、
前回のように接写の設定をして、
ズームをめいいっぱいW側(広角)状態で
カメラを写したいものに近づけて撮るといいですよ。
v-218
2015/01/23(金) 21:21:03 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

そういえば、と思うんですよ。
私が癌だと分かったのが、2007年12月だったのですが、母に言っても「あら、大変」とは言いましたが、翌日は何も言いませんでしたからね。
それまでの母でしたら、可哀そうがって泣くはずでしたが。
その後も私の体を気遣う様子は全くありませんでした。
でも私はあまり気にも留めていなかったんです。
あの時気付くべきでした。
2015/01/23(金) 15:30:11 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは。
8年ほど前なんですね。
今になって思えば。。。というくらいの症状のときは
まだ病院へは行かないですものね。
病気は何でも辛いですね。
今をもっと大切に。って思います。
2015/01/23(金) 14:48:29 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: