このブログは、リンクフリーです。
2015-01-09 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
病院で処方される薬は、きちんと飲みますが、それ以外にも私は頓服薬をよく使うほうです。
私は慢性的に風邪をひいている状態です。
普段はそのままにしていますが、ちょっとひどくなると風邪薬を飲みます。
大抵1回で、連続して飲むことはありません。

よく使う頓服薬は、風邪薬、咳止め、胃腸薬、鎮痛剤、安定剤です。
スタミナドリンクも時々飲みます。
あまり薬を飲むのは良くないとも言われますが、大体2日に1度は飲んでいます。

一人暮らしだと、重い病気になったとき困りますので、軽いうちに対処するのです。
大体1回飲めば治まります。

夜になるとよく気持ちが不安定になります。
そんな時は安定剤を飲みます。
これは先生から、そうするように言われています。
習慣性はないそうです。

鎮痛剤と安定剤は、病院から出ているものですが、あとは置き薬です。
胃腸薬は置き薬のが、どうも合わないので市販薬を使っています。
内科の先生のお勧めの胃腸薬です。
内科のA先生は、病院で出す薬よりいいものは、市販薬の名前をメモに書いてくださいます。

なるべく飲まないようにと思うとストレスになるので、具合が悪い時はためらわず飲んでいます。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>クウ母さん
おはようございます。

薬の重複や飲み合わせは危険ですよね。
「お薬手帳」というのを、必ず持参して薬剤師さんにチェックしてもらっています。
処方された薬は、その都度シールを貼ってくれます。
葛根湯は効くそうですね。
薬はできれば飲まないに越したことはありませんよね。
2015/01/11(日) 09:47:47 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんばんは。
病院をかけもちすると、薬の組み合わせが悪いことに気づかない場合があります。薬剤師さんに指摘されて初めて気づいたり。
できればあまり多くの薬を飲みたくないのですが、仕方ないですね。
風邪かな?と思う時は葛根湯を飲んでいます。
2015/01/11(日) 00:15:35 | URL | クウ母 #-[ 編集]
>ポルタ♪さん
こんにちは。

薬も合う合わないがありますものね。
一応先生に相談してから、飲むようにしています。
却って市販薬の方が効く場合がありますよ。

風邪は重くなってから薬を飲んでも効きませんよね。
ひき始めの対処が大事だと思います。
2015/01/10(土) 12:38:46 | URL | まみこ #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんにちは。

はい、薬をおかずにご飯を食べています。
真っ赤な嘘です。
病院からの処方薬が多いですからね。
薬も飲みつけると、苦にならないですよ。

ユンケルって、高いでしょう。
私は1本100円のを飲んでます。
効きますよ。
当方違法ドラッグは、扱っておりません^^
2015/01/10(土) 12:33:54 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
先生の考え方と
ご自分の考え方や感じ方を含めて
お薬と上手に付き合ってる感じがします

風邪薬は私も引き始めより前に飲みます:汗
ひいた時の怖さが有りますので(*^_^*)。
2015/01/10(土) 07:44:03 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
すごい量ですね。

薬でおなかがいっぱいになりそうですよ。
v-12

mandakazuは薬はまず飲む機会がなくて、
たまーにユンケルとか飲みたくなることも。

さすが、商売柄、薬の扱いにはなれていますね♪
2015/01/10(土) 00:20:30 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

病院で出す薬は総合薬はないのだそうですよ。
胃なら胃だけ、腸なら腸だけなんですって。
市販薬なら、胃腸薬や総合感冒薬がありますよね。
却って病院の薬より効くものもあるみたいです。

寒いですね。
マーシャちゃん、伸びていますか^^
2015/01/09(金) 15:22:56 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは^^
市販薬の中にも病院の薬よりいいものがあるんですね。
ちょっと驚きです。
先生の治療、許可あっての服薬でしたら安心ですね^^

外はキーンって冷えてるのに家の中は温室みたいで
瞼が仲良しになってきます^^
マーシャも長くなってお昼寝してます(*^_^*)
2015/01/09(金) 14:28:45 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: