このブログは、リンクフリーです。
2014-12-18 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私が精神科に通院していることは、公にしていますのでご存知のかたも多いでしょう。
パニック障害と鬱病であることは、これまでにも書いてきました。
但しこれは併発している病気なのです。

私の大元の病気は「解離性障害」といいます。
解離性障害について詳しく説明すると長くなりますので、割愛します。
もし興味を持ちましたら、検索してみてください。

解離性障害になった原因は分かりませんでした。
子供の頃から症状はあったのですが、私自身も説明の仕様がなかったし、家族も気づいていませんでした。
1度「あたし時々気が遠くなる」と言ったことがあります。
その時父が「そんなに気が遠くなるのは、き○がいだ!」と言ったので、それ以来口にしなくなりました。

現在解離の症状は、出ていません
精神科の主治医S先生は、生まれつき脳に変形があるのではないかという見解です。
「セロトニン不足とか色々考えたけど、10年以上かかってやっとわかったよ」と言いました。
「じゃ、一生治らないの?」と聞くと「いや、そのうち薬ができるよ。10年後くらいに」なんて言って笑っていました。
私も「それじゃあもうお婆さんじゃない」と言って笑いました。

まあ治らないものとして、諦めて付き合っていきます。
それより今は、パニック障害と鬱の方が症状が強いので、こちらを何とかしたいです。
パニックはだいぶ治まってきました。
母を在宅介護しているときは、よく発作を起こしました。
認知症なのだから仕方がないと思っても、腹が立つのです。
そうすると発作を起こします。

母が施設に入居してからは、徐々に落ち着いてきました。
鬱はまだ駄目のようです。
気長に治していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>ポルタ♪さん
おはようございます。

小さなときから付き合ってきた病気ですので、本当の健康体を知らないのです。
もし、知っていたら落ち込むかもしれません。

症状が出ていないときは、病気のことは忘れているんですよ。
そして毎日当たり前のことができると、とても嬉しくて充実しているんです。
無理せず楽しむことが、大切ですね。
2014/12/19(金) 09:14:42 | URL | まみこ #-[ 編集]
>クウ母さん
おはようございます。

母に認知症の兆候が出たのは、丁度私が乳癌の治療を始めた頃です。
母はもう自分のこと以外は考えられなくなっていましたので、私が病人だということは認知していませんでした。
ちょっとキツかったですね。
でも施設に入ってくれたので、何とか乗り切りました。
クウ母さんも、大変だと思いますよ。
痛みや辛さは自分にしか分かりませんものね。
その中でも楽しみや癒しを見つけることが、1番いいのではないでしょうか。
お互い、楽しみを探していきましょうね。
2014/12/19(金) 09:06:21 | URL | まみこ #-[ 編集]
>mandakazuさん
おはようございます。

皆さん何かしらの不具合を抱えていますね。
病気とは、上手く付き合っていくしかないと思います。
間違っても変な宗教にはまらないことです。
私は外見上は至って正常です。
精神病者だということは、誰も知りません。

健康が1番ですよ!!
2014/12/19(金) 08:56:17 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
まみこさんはご自分の抱える病気と
上手くお付き合いをしていると思います
おかしな言い方ですが・・
この様な病気を持たない方々よりも
ずっと正常にご自身とお付き合いされています
改めて精神的にもお洒落な方だなと思います(*^_^*)。
2014/12/19(金) 07:47:45 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
こんばんは。
自分が病気を抱えているのに、認知症のお母様の在宅介護をするというのは、とても辛かったと思います。
まみこさんにとっても、お母様にとっても、特養に入ることができたのは良かったですね。
私も抗うつ剤や安定剤を飲みながら、夫の実家でどうにか生活しているので他人事とは思えません。
これからのことを考えるとなおさら憂鬱になるので、犬猫や花や鳥や音楽などで癒されています。写真を撮るのも楽しいですよね。
でも、何をしても調子が悪いときもありますが、時が通り過ぎていくのを待つ・・・でしょうか。


2014/12/18(木) 23:41:10 | URL | クウ母 #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
思いのほか、
なにかしらの症状を持っている方が
多くてびっくりします。

頭痛持ち、耳鳴り、腰痛、耳、鼻などなど。
なかなか他人に理解してもらえないのが
どれもつらいですね。

つくづくmandakazuは
なんにもないのが、幸せだと思います。
2014/12/18(木) 22:06:32 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

私はここの所だいぶいいんですよ。
頻発したのは、高校生くらいまでです。
でも当時は研究も進んでいなくて、こんな病名ありませんでした。

介護はね~
いくら母が大切で、大好きだといっても、きれいごとでは済まされませんね。
なにしろ相手は壊れてしまっているんですものね。
2014/12/18(木) 15:47:28 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは^^
病気は辛いですね。
どんな病気も。
お母さまのご病気もほんとうに大変です。
理解してるつもりでもこちらも人間なので腹も立ち、切なくなりますね。
これだけ医学が進歩してるのに
遅らせるだけの薬しかないのは悲しいです。
まみこさんの体調もスッキリと良くなる薬が
一日も早く開発されるといいですね。
2014/12/18(木) 15:25:00 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: