このブログは、リンクフリーです。
2014-10-03 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私は何の感情も湧かない相手と暮らしていることが、無意味に感じていました。
でも、こちらからは何も言いませんでした。

日曜日は双方仕事が休みでしたが、私はMには構わず自分の洋服を作ったり、読書をして過ごしました。
時々ドライブに行きました。
私から誘ったこともないし、行き先の希望を言ったこともありません。
どこに行くのか聞いたこともなかったです。
車の中でも、殆ど無言でした。
ドライブは好きですが、楽しいとも思いませんでした。

別れる口実は、意外と早くやってきました。
つまらないことが原因で、Mの酒乱が発覚したのです。
Mはお酒は飲まないし、飲めないと言っていました。
事実お酒は飲みませんでした。

ところが、夕食に私が残りご飯を食べていたことが、何故か気に入らなかったらしいです。
急に不機嫌になり、食事が済むとたまたま冷蔵庫に入っていた冷酒の4合瓶を出してきて飲み始めたのです。
急ピッチで飲み終えると、いきなり湯呑みが飛んできました。
それからは、殴る蹴るの酷い暴力です。
私がぐったりすると、黙って外に出ていきました。

明け方に帰ってきたのですが、「何だか公園のベンチで寝てたよ」と言って、前夜のことは何も覚えていないようでした。
謝りながら、散らかった部屋を片付けていました。
私は黙って眺めていました。

それからは、平気でお酒を飲むようになりました。
会社でバカにされたとか、面白くないことがあると飲むのです。
そしてお決まりの暴力です。

酒乱が発覚したのは、5月の終わりか6月の始めです。
8月になって、私は夏休みになり、1人で姉のところに行きました。
そのままアパートには帰りませんでした。
実家は知られているので、来られるのも嫌ですから、貸し部屋を見つけて一人暮らしを始めました。
そして正式に離婚しました。

私は本当に馬鹿だったと思います。
不本意な結婚をズルズルとしてしまったのですから。
でも後悔はしていません。
これも経験、次に踏み出す一歩だったのだと思っています。
安易に結婚なんてするものではありませんね。

別れた後も、Mがどうしているかなど考えたこともありません。
ただ私の黒い1ページに過ぎません。

おわり
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>クウ母さん
こんばんは。

暴力を受けたら、抵抗しないことです。
下手にやり返したり罵ったりしたら、火に油を注ぐようなものですから。
無抵抗で、体の力を抜いておくのが1番ですよ。
でも痛いから嫌ですね。

今は本当に平穏で幸せです。
これも色々経験を積んだお蔭ですね。
2014/10/04(土) 18:02:24 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは。
前の記事も拝見しました。
まみこさん、暴力をふるわれて苦しかったことでしょう。
今、季節の花々に感動しながら、心穏やかに生活していらっしゃって
良かったと思いました。
2014/10/04(土) 16:50:13 | URL | クウ母 #-[ 編集]
>ポルタ♪さん
おはようございます。

情というものは、常に接していれば自ずと湧いてくるものだと思っていました。
でも関心のない人には湧かないものですね。
理性は・・・どうだったんでしょう。
多少は働いていたのかもしれません。
好き勝手なことはしませんでしたから。
人間って、夫婦として暮らしていても、こんなにも無関心でいられるものなのだなと思いました。
2014/10/04(土) 09:31:07 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
人間には情と理性が有ります
人間は理性的であれとよく言われますが
それは間違いです
感情的で良いのです
それだから人間でいられます。
真面目な話理性はあっちの方に押しやっておけばよいのです
すると感情は自ずから感情自信をコントロールし始めます(*^_^*)。

(これブログに使うかも)
2014/10/04(土) 07:31:57 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんばんは。

Mにとっては、私と結婚しているという事実があればよかったのではないでしょうか。
自分が満足なら、それでよかったのです。
相手の心を知ろうなんて気の利いたことができる男ではありません。
自分がどう見られているいるかなんて、考えたこともなかったと思います。
2014/10/03(金) 19:06:51 | URL | まみこ #-[ 編集]
||ヽ(*゚▽゚*)ノミ|Ю がちゃ♪
まぁーー、
男の方も甘えて、
相手にしてもらいたかったんですかねー。

当事者でも一部始終を知っているわけでは
ありませんので、
何も言う資格はありませんが。
2014/10/03(金) 18:30:43 | URL | mandakazu #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: