このブログは、リンクフリーです。
2013-05-03 (金) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私には忘れられない人が1人います。
以前seesaaブログで「一方通行」という記事を書きましたが、そのY君です。

私達は中学の同級生です。
中でも特に仲の良かった男子3人、女子2人の5人グループの一員でした。
高校になってもたまに会っていました。
大学になると、女子のMとは仲良くしていましたが、男子ではY君とだけ時々会っていました。
お互いに好意は持っていましたが、恋愛というほどではありませんでした。

本格的に付き合い始めたのは、私が1度目の結婚に失敗して1人暮らしをしていた頃です。
最初に連絡をしたのは私です。
当時画廊に勤めていたので、展覧会の切符がたくさん手に入ります。
それを2枚、手紙と共に送ったのです。
すぐに電話があって、会おうということになりました。

最初は中学の担任だったS子先生の家に、Y君の車で行きました。
それから頻繁に会うようになりました。
Y君は優しくて楽しくて面倒見がよくて、とてもいい人でした。
私は好きでした。
彼も自分の行きつけのお店に連れて行ってくれたり、友達に紹介してくれたりしました。

ある時、ふと気が付いたのです。
電話を掛けるのは、いつも私のほうだと。
不在のときは向こうから掛けなおしてくれはしましたが、Y君から先に電話をもらったことがないのです。
それで私は2週間自分から電話をしないで、待ってみようと思いました。

2週間が1ヶ月になりました。
電話はありませんでした。
1ヶ月が2ヶ月になり、もう会うこともなくなりました。

その間に私はアパートを引越しました。
これは全く自分の都合です。
大家さんがある宗教の熱心な信者で勧誘がしつこいのです。
また中学生と小学生の2人の男の子がいるのですが、私を遊び相手と思っているみたいに、しょっちゅう遊びに来ます。
それで引っ越したのです。

暫くしたら、大学時代の知り合いから電話があり、会うことになりました。
これが2度目の結婚相手です。
ダメな男だということは、以前から知っていました。
でも「5年間片思いした」とか言って、付き合う気満々でした。

2度目に会った時、タクシーで送ってもらったのですが、アパートの手前で降りて、部屋も教えませんでした。
ところが、何故か突然部屋に来たのです。
それからズルズルと居ついてしまいました。

つづく
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>masaさん
こんにちは。

相手はどうだったのでしょう。
私はゲームのつもりはありませんでした。
生活そのものでした。
2013/05/08(水) 11:51:25 | URL | まみこ #-[ 編集]
まみこさん 今晩は♫ 。
まみこさん

特にラブゲームは感情が高ぶっていますから、
人間関係の構築は難しいと思います。
今宵お寛ぎ下さい。 (o^-^o)
2013/05/07(火) 20:46:28 | URL | masa #-[ 編集]
>masaさん
こんにちは。

感情は変化しますからね。
人間関係をうまく築いていくのは難しいです。
2013/05/07(火) 11:10:54 | URL | まみこ #-[ 編集]
まみこさん おはようございます ♫ 。
まみこさん

男と女のラブゲームの関係は、神秘的で判らない事が多いです。
今日もお元気にお過ごし下さい。  (o^-^o)
2013/05/07(火) 07:35:01 | URL | masa #-[ 編集]
>masaさん
こんばんは。

私は大きな失敗を2度もしてしまいました。
もう二度と繰り返すまいとは思いますが、恥だとは思っていません。
開き直りみたいですけど、これも肥やしになる経験だと思います。

でも失敗はしないに越したことはありませんね。
2013/05/05(日) 18:44:04 | URL | まみこ #-[ 編集]
まみこさん こんにちは ♫ 。
まみこさん

失敗の反省で教訓となりますが、
失敗も大小あります、小さいのが有り過ぎて、又は少ないけど大きいのがドカンとあっても、
墓穴を掘ります、
失敗は小さ目の少くな目が良いと思います。
今宵お寛ぎ下さい。 (o^-^o)
2013/05/05(日) 17:11:34 | URL | masa #-[ 編集]
>ポルタ♪さん
こんにちは。

Y君は面白いけど真面目君ですよ。
ポルタ♪さんは、2番目タイプじゃないと思います。
最低の男ですから。

今日、続き書きますね。
2013/05/05(日) 12:42:30 | URL | まみこ #-[ 編集]
>masaさん
こんにちは。

受け容れるより、断るほうが難しいです。
寛容じゃないから、身に余って破綻するんですけどね。

失敗が教訓になればいいと思います。
反省しない人間は進歩しません。
2013/05/05(日) 12:33:19 | URL | まみこ #-[ 編集]
お早うございます。
Y君・・どうしてるのかなぁ~
私はYくんタイプではないかも。
2番目さん・・私に似てるかな・・
でも先を読まないとわかりません。
楽しみでもあり怖くもあり(*^_^*)。

2013/05/05(日) 10:29:32 | URL | ポルタ♪ #-[ 編集]
まみこさん おはようございます ♫ 。
まみこさん

断りきれない性格も困りますね、
其処がまみこさんの良い所でしょうから?・・・。

失敗のない人生は味気ない、
そう言われるとそうですね、でも失敗がない方が良いと思います、
失敗が無い人生は誰も居ないでしょうね、
失敗をバネとして誰でも生きていると思います、
私もその一人です。
今日もお元気にお過ごし下さい。  (o^-^o)
2013/05/05(日) 07:25:23 | URL | masa #-[ 編集]
>masaさん
こんばんは。

断れないというのは困った性格ですね。
相手の為にもよくないんですけどね。

でも失敗も経験のうちです。
失敗のない人生なんて味気ないと思いますよ。
2013/05/04(土) 19:31:39 | URL | まみこ #-[ 編集]
まみこさん こんにちは ♫ 。
まみこさん

断るのが下手、心が優しいから?、断れきれないのでしょう
そうこうしている時に押し切られるんですね、気付いた時には遅かったですか?。

気付いてからは嫌気がさして来ますか、
人生は1回ですから悔いは残されませんね、
自分で納得がいけばいいと思います。
今日もお元気にお過ごし下さい。  (o^-^o)
2013/05/04(土) 18:44:15 | URL | masa #-[ 編集]
>ぽけちん☆さん

こんばんは。
やっぱり片思いだったと思いますよね。
私も寂しさを感じました。
それでダメ男に引っかかっちゃったのかな。

そういわれてみれば、怖いですよね。
何で部屋がわかったんだろう。
アパートは同じものが2棟向かい合わせで建っていて、私はどちらのほうかも教えなかったんですよ。
勿論表札も出していなかったし。
2013/05/04(土) 18:18:24 | URL | まみこ #-[ 編集]
Y君・・の・・その後が気になります。。
あたしも 一方的に電話って事がありました それは あたしの気持ちだけで
相手はそうでなかったんですよね 後で あぁ~~っと両思いじゃなかった
っとわかった時には沈みました(・・;)

ダメ男! 部屋番号を教えていないのに・・って所がひっかかるぅーー
5年間片思いだったまみこさんと付き合い始めれて嬉しくて
スト―キングしたのかしら?? ダメ男の前に危険な男ですよね コワッ
続き待ってます。。(#^.^#)
2013/05/04(土) 17:47:02 | URL | ぽけちん☆ #V54S/nVg[ 編集]
>masaさん
おはようございます。

私は優しいのではなく、断るのが下手なんです。
それで、いつも押し切られてしまいます。
結局は嫌気がさしてくるんですけどね。

でも、今迄の経験を後悔はしていません。
2013/05/04(土) 10:15:25 | URL | まみこ #-[ 編集]
まみこさん 今晩は♫ 。
まみこさん

色々な人生経験、頑張って来られましたね、
今感じた事は「ダメ男」と判っていても付き合う、
まみこさんの気持ちは、本心から優しいんですね?、
そう思いました。
表現が悪かったらお許し下さい。
今宵お寛ぎ下さい。 (o^-^o)
2013/05/03(金) 21:16:35 | URL | masa #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんばんは。

いやいや、心が広いんではなくて優柔不断なんですよ。
だから失敗ばかり。

もう結婚は結構です。
私は家庭向きではないんですね。
気軽な独身がいいです。

結婚が面倒ならしないほうがいいと思いますよ。
結婚生活には努力と忍耐と諦めが必要です。
全部が全部ではありませんけどね。
2013/05/03(金) 19:53:35 | URL | まみこ #-[ 編集]
|o(。`・ω・)o|Ю がちゃ!
まぁーーー、
モテモテなんですねー。
(*・ω・*)ポッ

しかもダメ男と知って
結婚までするなんて、
心がひろいといいますか、なんというか。
f(´-`;)すごいですね。

mandakazuなんて、
めんどくさがりなんで、
結婚とかほとんど考えたことないです。

ヾ(*′∀`*)ノ ←相手がいないだけ
2013/05/03(金) 18:18:20 | URL | mandakazu #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: