このブログは、リンクフリーです。
2012-04-20 (金) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
以前私はスカート派でした。
高校を卒業するまでズボンは穿いた事がありません。
大学生になって、金工の授業ではスカートだとまずいことになってしまうので、ズボンを買いました。
何故かというと金工といっても鍛金ですので、切り株に腰を下ろして型を刳り貫いた切り株に金属を打ち付けて形を作るのです。
床に近い位置に座って足を広げて作業するのです。

卒業してからは、またズボンを穿かなくなりました。
ズボンは似合わないと思っていましたし。
それにスカートのほうがお洒落が楽しめます。

ところが4~5年前になんとなくジーンズを買ったのです。
そうしたら楽なのですっかりヤミツキになってしまいました。
それからずっとズボンで通してきました。
母の介護が始まってからはスカートなど穿いていられなくなったのもあります。

母が施設に入って1年経ちました。
またスカートを穿いてみたいと思うようになりました。
持っていたスカートは殆どミニだったので処分してしまっていました。
今年になってスカートを4枚買いました。
シフォンのとかチュールのとかレースのとかです。

火曜日に母の施設に行く時、スカートで行きました。
久し振りにヒールのある靴も履きました。
家を出る時は少し躊躇いがありましたが、外に出たら平気になりました。
いつもズボンばかりだったので近所のおばさんに「あら、お出かけ?」と言われました。

なんだか自分でもお洒落した気分になりました。
これからは外出にはどんどんスカートも穿こうと思います。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>ルパンさん
先生、こんばんは。
脱線、全く構いませんよ^^
そうなんです、呼び方迷いますね。
ズボンだと男性服みたいだし、パンツは下着と紛らわしいし、スラックスは昔っぽいイメージだし。
パンツスーツとかジーンズ、チノパンなんかだと言いやすいし分かりやすいんですけどね。

今はナース服もいろいろですね。
必ずしも白とは限らなくなりましたしね。
ナース服にもブランド品があるんですか。
わ~私のプチプラの洋服より凄いんですね。

S病院の前にかかっていたクリニックでは、エプロンやカーディガンは自前だって言ってましたけど、結構高いんですってね。

そういえばナースキャップっていつの間にか見なくなりました。
看護師さんに限らず、お医者さんの白衣も少しずつ変わってきてますね。
それにネーム表示。
昔は白衣に名前が刺繍されていたけれど、今は殆どがネームカードですものね。

こうやって話が広がっていくのも楽しいです^^
2012/04/21(土) 19:14:14 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちわ

スカートとズボンではコメントが書けなかったのですが、
運よく、ナース服のお話が出ておりましたので、
便乗してコメントさせてください。

でもズボンって響きが変ですね、スラックスもパンツもしっくりしませんし、
男の場合も同様で、言い方が難しいですね(笑)

当院では、ナース服はワンピースです。
ナース服を変える時には、スタッフ希望も取り入れます。
うちは30才以上の中年が多いのですが、いつまでも夢見る乙女ですね^^
山本寛斎や森英恵などのブランドを好みます。
眼科では、ましてやクリニックですから、あまり機能性とか気にしなくて済みます。
でも、お値段が高いのでスタッフの言う通りには行きませんよ^^
開院当初、大学病院勤務からの開業でしたから、
ナース・キャップは当然の思っておったのですが、
下界ではどうも違ってたようで、反対されて折れてしまいました。
まみこさんのブログのテーマから、ナース服の話に脱線してしまいましたね、
オーナーを無視したようで、申し訳ありませんでした^^。

2012/04/21(土) 17:51:53 | URL | ルパン #-[ 編集]
>四季さん
こんにちは。
看護師さんだったのですね。
私は小さい時から病院とは縁の切れない生活をしていますが、看護師さんって本当に大変なお仕事ですよね。
無理な姿勢で患者の世話をしなくてはならないことも多いと思います。
その点、パンツスタイルのほうが動きやすいですね。

四季さんの仰る通り、看護師さんは飾りではありません。
重労働をする現場のプロです。
自分自身がどんな仕事をするかで、服装も変わってきます。

スカートであろうとパンツであろうと、嫌なことも多いであろう仕事をキビキビと、しかも笑顔で優しくこなす看護師さんは素敵です!
四季さんもそんな素敵な看護師さんだったのですね。
2012/04/21(土) 14:48:09 | URL | まみこ #-[ 編集]
自由な発想
スカートズボンに関しては、私にも思い出があります。
私は、白衣が制服のNsでした。
今は、医療の世界もかなり自由な発想と、本当の意味での「医療は患者中心」というのにいくらか近づいてきました。

今は、あの象徴としたNsキャップを頭からとり、自由に動ける様に、下がパンツタイプの白衣も多くなり、場所によっては、患者、医療者の垣根をなくために、Nsも私服になっているところもあります。

私は、その白衣を業者が発案した頃の、最初の対象者だったと思います。
パンツを履いたのです。

Nsの仕事はきれいごとではすみません。
時によっては、患者さんを跨ぐこともありました。・・・精神科の男性の病棟にいた関係もあって、短いスカートじゃ仕事は出来ないのです。

【美】を説いてパンツはダメという医療側(Nsは飾りじゃない)
【動】を持ってパンツを通す私(下のパンツ丸見えじゃ仕事は出来ないのです)

とうとう最後まで、通しましたね・・・
でも、それを抑えそうな病院側が私個人を抑えなかったのには
仕事のあり方に訳があったと思います。
言いっぱなしではなく行動したからだと思います。

地球が回り、世界が変わり、気象も変わり・・・もろもろの物が変化をしている今日、自由な発想を持って、しっかり前進する姿勢は大切だと思います。
2012/04/21(土) 13:55:34 | URL | 四季 #mtYTAWfU[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: