FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2018-09-04 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私の趣味は、ガーデニングのほかに読書です。
読書の中に、漫画は含みません。
読んでいるジャンルは、ノンフィクションで、近現代史やアジア情勢、政治などです。
漫画は滅多に読みません。

ところが「俺・つしま」という漫画を読んでから、最近少し読むようになりました。
動物、主に猫の漫画です。
犬も大好きなのですが、泣けるようなかわいそうな話が多そうで、なんとなく敬遠しています。
ここのところ、読んだ漫画です。

DSCN5860.jpg DSCN5861.jpg ねこまきさんの「ねことじいちゃん」です。

DSCN5862.jpg DSCN5863.jpg ほのぼのとした温かい作品です。

DSCN5864.jpg DSCN5865.jpg マツダユカさんの「うずらのじかん」です。

DSCN5866.jpg DSCN5867.jpg ウズラは飼っていたことがあるので、親近感がもてました。

DSCN5868.jpg DSCN5869.jpg 卵山玉子さんの「うちの猫がまた変なことしてる」です。

DSCN5870.jpg DSCN5871.jpg DSCN5872.jpg 実話らしく、写真もあります。

どれも良かったのですが、「俺・つしま」程のインパクトはありませんでした。
猫の漫画は、両方とも続編があるのですが、もういいかなという感じです。
それより「俺・つしま」の続編がでないかなと、思っています。
今まで読んだ猫漫画の中で、最高です。

DSCN5873.jpg
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>クウ母さん
こんにちは。

「ねことじいちゃん」は、猫だらけの町に住むおじいちゃんと飼い猫たまの話です。
春夏秋冬に分かれていて、ほんわかとした優しい話ですよ。
「うずらのじかん」も、なかなかいいです。
一押しは「俺・つしま」です。
つしまがいい味出してます^^
最近小説は読んでいないのですが、先日姪にもらった病院の話を1冊読みました。
面白かったです。
2018/09/05(水) 14:28:08 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは
「ねことじいちゃん」は本屋さんで気になっていました。
「俺・つしま」も「うずらのじかん」も面白そうですね。
私も最近、漫画を読むようになりました。
「大家さんと僕」「パンダと犬」で癒されましたよ。
今読んでいる小説は乃南アサ著「水曜日の凱歌」です。
2018/09/05(水) 11:04:35 | URL | クウ母 #-[ 編集]
>mandakazuさん
おはようございます。

そうなんです、和み系が好きです。
泣ける物は苦手で^^
「俺・つしま」はいいですよ。
「つしま」が、とてもいい奴で可愛いんです。
ぶっきらぼうなんですけどね。
ドラマより漫画のほうが、面白いですよね。
八月十五日というと、終戦の時の話ですか?
興味あります。
戦後マッカーサー率いるGHQが行ったWGIP(ウォーギルドインフォメーションプラグラム)のことも、参考になりますよ。
2018/09/05(水) 08:45:29 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんばんわ。( `ー´)ノ
ほっこり系の漫画が多いですね。
しかもみんなにゃんこのばかりではありませんか!
でも「俺・つしま」はその中でも異色な感じですね。

mandakazuはもっと漫画を
読んでおけばよかったと後悔しています。
ドラマなんかより面白いですし。

最近読んだ小説では
講談社文庫 松岡圭祐「八月十五日に吹く風」が
面白かったです。
2018/09/04(火) 20:50:57 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

猫漫画は、今はやってるみたいですね。
本屋さんにありましたか^^
ツイッターやブログから書籍化するのが、多いみたいですよ。
泣ける話は苦手なので、ほのぼの系を選んでいます。
ベッドで読書ですか^^
雫井修介さん、知らないです。
2018/09/04(火) 14:34:44 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは^^
書店には猫ちゃんの漫画もたくさん並んでますね^^
女性だけじゃなく男性も手にされてるのをよく見ます。
ねことじいちゃん、うちの猫がまた変なことしてるも並んでましたよ^^
ほのぼのとしてよさそうですね。
今は休む前に雫井脩介の望みを読んでるんですけど
すぐに寝ちゃって全然すすみません^^
2018/09/04(火) 14:18:22 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: