FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2018-07-16 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
今日は送り盆で、送り火を焚きました。
母も姉も3日間くつろいでくれたと思います。

私が琵琶を習っていた頃のことです。
所属する会に、Kさんという男性が入門してきました。
Kさんは私より年上で、海上自衛隊の一佐です。
一佐といえば昔の大佐のことで、職場では偉いのでしょう。
でも先輩後輩をきちんと守る人でした。

ある時私が先に来ていて、そのあとKさんが来ました。
お茶は自由に飲めるように準備してあります。
私がお茶を入れようとしたら、Kさんが「いけません、いけません」と言うのです。
「先輩にお茶を入れていただくなんて」と。
ずいぶんきちんとした人だなと、思いました。
おそらく職場では、自分でお茶を入れることなんてないでしょう。
結局Kさんが、私の分もついでくれました。

また別の経験もあります。
だいぶ経ってから、Aさんという年配の女性が入門しました。
Aさんは負けず嫌いででしゃばりなので、みんなから嫌われていました。
「ほかの人が3年でプロになるなら、私は3か月でプロになる」と豪語して、顰蹙をかっていたような人です。
プロになるのは、年数ではありません。
素質が大きく影響します。
Aさんは、プロになりたくてしゃかりきに練習をして、腱鞘炎になったという笑い話の持ち主です。
結局全然うまくはならずに、年ばかりとってしまいました。

ある時師匠の奥さんが亡くなって、お通夜がありました。
私達弟子は全員お手伝いをしました。
そして一段落して、弔問客も大方お帰りになったので、弟子達もお清めをすることにしました。
その席でAさんは私に向って「琵琶ではあなたが先輩でも、人生では私が先輩よ」と言ったのです。
私はポカンとしてしまいました。
だからなんだという話です。

先に生まれれば、人生の先輩に決まっています。
でも芸事の世界では、年齢ではないのです。
そんなことも分からずに年だけとって、馬鹿な人だなと思いました。
尊敬されるには、如何に人生を送ってきたかだと思うのです。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
>haruさん
こんばんは。

その通りですね。
長く生きているから、人間ができているとは限りません。
無駄に人生を過ごした人も、多いと思います。
催促しなくても、立派な人は年齢に関係なく尊敬されます。
年配者=人格者ではないですものね^^
2018/07/17(火) 17:59:46 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんにちは~
こんにちは~

そうですよねぇ。
先輩が尊敬できる人とは限りませんものねぇ。
長い事生きてたんなら自分で何も言わなくっても尊敬される人になりたいものです。
2018/07/17(火) 16:48:40 | URL | haru #-[ 編集]
>mandakazuさん
こんにちは。

自衛隊のようなところでは、階級がものをいうんでしょうね。
大佐さんは、途中で北海道に転勤になり、やめてしまいました。
Aさんも時々登場しますが、よく出てくる私が1番迷惑を被ったのは、Kさんという詩吟の女性です。
集団の中には、変な人もいるもんです^^
AさんもKさん(女性のほう)も、塩をまいてやりたいです。プンプン😡
2018/07/17(火) 12:41:11 | URL | まみこ #-[ 編集]
こんばんわ。( `ー´)ノ
送り盆の送り火、おつかれさまでした。

それにしても、
両極端なおふたりですね。
大佐さんは初登場ですが、
Aさんはたびたび登場する
塩をまいてやりたいやつですよね。
( `ー´)ノパッパッ

ちなみにmandakazuの階級は元帥です。
2018/07/16(月) 19:50:58 | URL | mandakazu #-[ 編集]
>きままなマーシャさん
こんにちは。

日が経つのは早いもので、お盆も終わってしまいました。
姉にとっては初めてのお盆、くつろいでもらえたでしょうか。

Aさんは、全員の嫌われ者でしたが、自分では気付いていませんでした。
彼女の中には、謙遜とか謙虚とかいう言葉は存在しないようです。
どこの世界にも、おかしな人はいるみたいですね^^
2018/07/16(月) 14:36:09 | URL | まみこ #-[ 編集]
おはようございます^^
今日は送り盆ですね。
日にちの経つのは早いですね。
「ありがとう。またね」って微笑んで行かれたことでしょうね。

その方は心がまだお若いのでしょうね^^
性格もあるかな。
世間一般の常識が少し欠如されてるのかもしれないですね^^
2018/07/16(月) 09:40:30 | URL | きままなマーシャ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: