このブログは、リンクフリーです。
2012-04-12 (木) | 編集 |
こんばんは、まみこです。
学生時代、私達は友達同士でよく洋服の貸し借りをしていました。
お洒落はしたいけれど、まだ親からお小遣いをもらっている身、あまり贅沢はできません。
そこで貸したり借りたりして、ささやかなお洒落を楽しんでいたのです。

うちの大学には珍しい私立の高校からきたT子という子がいました。
彼女は裕福な家庭の子で、着るものもいいものを着ていました。
ある日T子が何枚か洋服を持ってきて「欲しいの持っていって」と言いました。
みんな気に入ったものを手にとって「でもタダじゃ悪いよ」と言うと「じゃ100円」とか「50円」とかタダのような値段を言うので、喜んで買いました。

その話を聞いたTさんという子が、持って行けば売れると思ったのでしょう。
沢山の洋服を持って来ました。
「Tさんが洋服売ってる」と言うので私も見に行きました。
なんだかなぁというものばかりでした。
それも500円以上で高いのです。
ヤボったかったり、いかにも古着という感じだったり、ペラペラだったりで結局誰も買わなかったようです。

その後もT子にはリクエストしたりして、何枚か格安で売ってもらいました。
学生時代はこんな風でした。

仕事をするようになって、同じデザイナー仲間のGさんという人が洋服を売りたがる人でした。
贅沢な人で確かに高級品を着ているのですが、なにしろ高いのです。
「これ買ってくれない?」と持って来るものは2~3万のものばかりでした。
仕事上のお付き合いもあるので、8割くらいは買取ました。
ミンクのコートを買ってと言われたことがあります。
ミンクは私も持っているので断りました。
そうしたら始め30万と言っていたのが20万に値下げして、強引に売りつけられてしまいました。
シルクのワンピース(7万)はデザインも色も気に入らないし似合わないので、さすがに断りました。

私が着ているものをGさんが「それいいね」と言うと「着る?」と言ってタダであげてしまっていたのですけど、気付いていないようでした。
Gさんの言い分は「安くても(安くないって!)引き取ってもらって、ブラウスの1枚でも買えればいいなと思って」でした。

見た人が気に入って欲しがったのなら売ってもいいと思います。
でも私は1度でも着たものはお金を取らない主義です。
古着を換金したいのならオークションに出品するか、リサイクル店に売ればいいと思ってます。

知り合いだと断りずらいというのもありますが、言うままに買っていた私はお人よしを通り越してバカですね。
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: