FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2019-02-27 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
今日は、曲の紹介です。
研ナオコさんの「窓ガラス」という歌を、ご存知ですか?
中島みゆきさんが作詞作曲した曲です。
「あばよ」や「愚図」ほどはヒットしませんでしたが、私はこの曲のほうが好きです。

中島みゆきさんはいろいろな歌手に曲を提供していますが、研ナオコさんが歌うのがとてもいいと思います。
研ナオコさんの声は、いいですね。
中島みゆきさんの雰囲気に、ピッタリではないでしょうか。

シンガーソングライターでは、みゆきさん派とユーミン派に分かれますよね。
私は断然みゆきさん派です。
ちなみに姉は、ユーミンが大好きでした。

では、研ナオコさんの歌で「窓ガラス」を聴いてください。


スポンサーサイト



2019-02-25 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
2月ももう少しで終わりますね。
3月3日は桃の節句、雛祭りです。
私も、小さなお雛様を買いました。

今までは叔母が老人クラブか何かで作った、粘土のお雛様を飾っていました。
でも本当は、そのお雛様が好きではありませんでした。
ちょっと安っぽいし、素人の手作りなので座りが悪いのです。
色のセンスも、良くないです。

そこで今年は、自分が気に入ったお雛様を飾りたいと思っていました。
手作りサイトのクリーマさんに、大きさも丁度よく可愛いのがあったので購入しました。

DSCN6557.jpg DSCN6558.jpg DSCN6559.jpg DSCN6560.jpg  前、右、後ろ、左です。

とても小さいんですよ。
籠の直径が、10センチほどです。

DSCN6561.jpg DSCN6563.jpg お雛様とお花を、アップにしてみました。顔も可愛いでしょう。

とても気に入って、玄関の下駄箱の上に飾ってあります。
今日にでも、下に赤い布を敷こうと思います。

2019-02-23 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
昨日は浮き沈みが激しい日でした。
というほど大げさなものではありませんが、最後は万事解決しました。
なので、いい日だったとします。

まず最初は、お気に入りの3色だんごのピアスが片方行方不明になりました。
気が付いたのは、朝髪をまとめているときです。
布団をめくったり、畳や床をくまなく探しても見つかりません。
どっちにしろ家の中にあるに違いないと思い、別のピアスを付けました。

それから少しパソコンをやって、鍼灸整骨院に行きました。
帰ってきてからは、お昼を食べたり雑用をしたりして、いつも通り昼寝をしました。
起きてからパソコンをやろうと思ったら、ホームページとメールが開かないのです。
ルーターが壊れたので、今は有線で使っています。
そこで線を抜いて放置したりしてみたのですが、駄目でした。

仕方なく電器屋さんに電話をしたのですが、「お客様の都合で現在使われていません」という音声が流れるだけです。
その時はまさか自分のほうが止められているとは、思いもしませんでした。
そこで小走りで電器屋さんに行くと、丁度ご主人と息子さんが外にいました。
事情を話すと、息子さんが一緒に家まで来てくれました。

私は電話料金を1月分は払ったのですが、12月分を払い忘れていて督促状が来ていました。
歩きながらその話をすると、多分そのせいじゃないかということです。
家でパソコンを見てもらったら、やっぱり電話回線が止められているそうです。
葉書を良く見たら、支払い期限は昨日でした。
すぐ払えばつながると言うので、急いでコンビニに行くことにしました。

それと2階のエアコンが作動しないので、それも見てもらいました。
リモコンの電池を入れ替えたのですが、点かないのです。
リモコンを調べてもらったら、マンガン電池なので寿命がきているんだろうということです。
すぐに新しい電池を持ってきて取り替えてもらったら、見事に作動しました。
エアコンも古いので買い替えないと駄目かなと思っていたので、良かったです。

電器屋さんが帰った後、すぐにコンビニに行って支払いを済ませてきました。
そしてNTTに携帯から電話をして、連絡をしたら入金確認ができたということで、パソコンも2時間後くらいには使えるということでした。

だんごのピアスは、夕方顔を洗おうとしたとき、洗面台の排水口のところで見つかりました。
無事パソコンも使えるようになり、電話も繋がったし万々歳です。
終わり良ければ総て良しですが、ちょっとあたふたした1日でした。
2019-02-21 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
またまた、小さな植物を買い込みました。
珍しい植物が多いので、つい欲しくなってしまいます。
新しい仲間達を、見てください。

DSCN6489.jpg DSCN6490.jpg DSCN6491.jpg DSCN6492.jpg  「ヘデラへリックス」です。一見普通のヘデラですが、葉の縁と真ん中の葉脈がピンクです。お酒に酔ったみたいです。

DSCN6499.jpg DSCN6500.jpg DSCN6501.jpg 「オキザリス・孔雀の舞」です。中心は緑色で、外側にいくにしたがって紫色になっていきます。葉っぱの形も、綺麗でしょう。

DSCN6502.jpg DSCN6503.jpg DSCN6504.jpg 「常緑アジサイ・碧の瞳」です。小さな小さなアジサイです。普通のアジサイに比べたら、本当にアジサイ?と思うくらい小さいです。花も咲きます。

DSCN6514.jpg DSCN6515.jpg DSCN6517.jpg 「ロータス・プリムストーン」です。新しい葉っぱは黄色くて、可愛いです。フワフワした感じで、手触りがいいです。

DSCN6518.jpg DSCN6519.jpg DSCN6521.jpg 「スズランエリカ」です。スズランのように下向きの白い花が、たくさん咲いています。コロンとしていて、可愛いです。

DSCN6533.jpg DSCN6534.jpg DSCN6535.jpg 「パルマスミレ」です。大形のスミレで、花も八重です。香りがあります。

今回は以上です。
まだ注文しているのがあるので、いくつかたまったら又紹介しますね。
みんな元気に成長してくれると、いいのですが。
けっこう失敗もしているんですよ。
2019-02-19 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
まだまだ寒い日が続きますね。
皆さん、暖房はどうしていらっしゃいますか?
私はエアコンは使わず、ストーブのみです。
普段は灯油ストーブで、それでも寒い時はガスストーブをつけます。
椅子には、電気マットを敷いています。

あまり厚着はしないので、寒いと上にベストを着ていました。
それでも寒い時があります。
そんな折、先日半纏があることを思い出しました。
押し入れを探したら、2枚見つかりました。
そのうち、母が着ていたほうを今着ています。

DSCN6536.jpg DSCN6537.jpg 色柄はダサいですけど、愛用しています。

DSCN6538.jpg DSCN6539.jpg DSCN6540.jpg 手縫いです。

母ではなく、親戚の誰かが作ったものです。
母も和裁はできますが、この色柄は選ばないはずです。
でも母が着ていたものなので、着ています。

中に綿が入っているので、とても温かいですよ。
それに意外と軽いので、肩も凝りません。
これで外に出て行くわけではないので、重宝しています。
このレトロ感が、何とも言えないですね。
2019-02-17 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
椿の花が、また開きました。
鉢植えの椿なので、ひっそりと咲いています。

DSCN6522.jpg DSCN6523.jpg 「菊茶花」です。真っ白な八重咲きの椿で、極小輪です。小さくて可愛いですよ。

DSCN6524.jpg DSCN6525.jpg 「数寄屋侘助」です。上品な花です。

DSCN6526.jpg DSCN6527.jpg 色は赤ですが、「青い珊瑚礁」という名前です。中輪です。

DSCN6528.jpg DSCN6529.jpg 「ピンク侘助」です。これは路地にあります。去年毛虫に葉を食い荒らされてしまいましたが、咲いてくれました。

DSCN6530.jpg DSCN6531.jpg 庭のクリスマスローズに、蕾が付きました。

DSCN6532.jpg 「キンカン」です。今年は4個しか、実がなりませんでした。もう少し熟したら、食べようと思います。

毎日寒いですが、確実に春は近づいているようです。
ベランダでは、小さな植物達が頑張っています。
そのうち紹介しますね。
2019-02-15 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
最近時々猫の漫画を読んでいます。
猫だけが好きなわけではなく犬も好きなのですが、犬が登場するのはなんとなく泣ける話が多いような気がして敬遠してしまいます。
その点猫の話は、面白かったりほのぼのしたりで、涙腺が緩むこともなく読めます

今月の初めごろに、猫の漫画を1巻から3巻まで買いました。
面白くて、どんどん読んでしまいました。
「鴻池剛と猫のぽんた・ニャアアアン」という漫画です。

DSCN6465.jpg DSCN6466.jpg DSCN6467.jpgDSCN6468.jpgDSCN6469.jpg DSCN6470.jpg DSCN6471.jpg DSCN6472.jpg DSCN6473.jpg  第一巻です。主人公が友人の「メガネ」にもらった、保護ネコ「ぽんた」との出会いから始まります。「メガネ」は「のんた」と呼んでいましたが、「ぽんた」と改名されます。

DSCN6474.jpg DSCN6475.jpg DSCN6476.jpg DSCN6477.jpg DSCN6478.jpg  DSCN6479.jpg DSCN6480.jpg 第2巻です。「ぽんた」と暮らしていた主人公は、夜道で目を怪我していた子猫を保護します。そしてそのまま飼うことになりました。名前は「アルフ」こと「アルフレッド」です。

DSCN6481.jpg DSCN6482.jpg DSCN6483.jpg DSCN6484.jpg DSCN6485.jpg DSCN6486.jpg DSCN6487.jpg DSCN6488.jpg 第3巻です。1人と2匹のドタバタは続きます。

鴻池剛さんというのは漫画家で、この本は実話のようです。
2匹とも似たようなサバトラブチ模様ですが、本では「ぽんた」が茶色「アルフ」がグレーで描かれています。
写真もふんだんにあり、面白いですよ。
主人公(多分本人)が、情けないヘタレな独身男性で、そこがまた楽しいです。

興味のある方は、是非どうぞ。
2019-02-13 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
前回までは、姪のことを長々と書いてしまいました。
心の中のモヤモヤが、どうしても晴れず欝々としています。
それでも書くことによって、少し吐き出せた気がします。

では気分を変えて、12月と1月に飾った花を載せてみます。
気温が低いせいか、花もちがよく数は少ないです。

DSCN6235.jpg DSCN6236.jpg DSCN6237.jpg DSCN6238.jpg

DSCN6291.jpg DSCN6292.jpg DSCN6293.jpg DSCN6294.jpg

DSCN6295.jpg

DSCN6348.jpg

DSCN6392.jpg DSCN6393.jpg DSCN6394.jpg DSCN6395.jpg

DSCN6396.jpg

名前の分からないえんじ色の花が、長持ちして2度使いました。
始めは閉じていたのですが、だんだん開いてきました。
アリストロメリアも、よくもちますね。

1つで写っているのは、仏さまの花の生き残りです。
松と南天も、つい先日までありました。
まだ元気だったのですが、お正月っぽいので処分しました。

スターチスとピンクのアリストロメリアは、今でもあります。
別々に生けました。
冬は花の種類も少ないですね。


2019-02-11 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
日常生活においても、姪への不満は高まってきました。
性格が全く違うため、そうしたことは仕方がないのかもしれません。
雑でだらしがないことや、やたらと薬を欲しがることとかも嫌でした。
例えばタオルを使えばそのままバサッと掛けておくとか、洗面所のマットが蹴とばしたのかと思うほどずれているとか、枚挙にいとまがありません。
それでも小姑みたいに小言は言いませんでした。

決定的に嫌だと思ったのは、金銭に関することです。
アパートが決まり不動産屋さんに支払いをする段になって、お金がないから彼氏に借りると言うのです。
金額は24万1700円で、自分の貯金は4万円しかないと言います。
私は、それはダメだと言いました。
いくら彼氏といっても、赤の他人だし、その間柄がいつまで続くかも分かりません。
それで私が24万円を貸すことにしました。
返済は毎月1万円です。
何とも気の長い話ですが、私の本心としては早く出ていってほしかったのです。
そして姪は5月初旬に引っ越して行きました。

去年は姉の一周忌がありました。
実家には母親のことには一切関わるなと言って出て来たので、法事も自分でやると言います。
お骨は下田の母が建てたお墓にありますが、どこのお寺さんにも属していません。
それで浅草のうちのお寺さんでやりたいと言うので、問い合わせたところ引き受けていただきました。
日にちも決めて、費用のことも姪には言っておきました。
法事費用が5万円、お膳料が1万円で、〆て6万円です。

10月になり法事の当日、姪が「これしか作れなかった」と言って出したのは、なんと2万8千円です。
私は呆気にとられましたが、もう時間もあまりないことだし、不足分は私が立て替えました。
これでまた、借金が増えました。
当然のように、9月分の返済は持ってきていません。

精神科の先生には、「かなり悪いよ。始め(入院時)に戻っちゃってる」と言われました。
その次に行った時も「普通、身内にお金は貸さないよ。どんなに言われても断る」「お金を貸すと、薬が増えるよ」と言います。
それで今後一切お金は貸さないことに決めました。

今年の1月分も未返済ですし、仕事が忙しいとかでしばらく行けそうもないということでした。
なので送ってくれるように言ったのですが、まだ届いていません。
今度来たときに、もうお金は貸さないことを言うつもりです。
それで縁が切れたとしても、私は一向に構いません。
貸したお金が戻らなくても、勉強代だと思うことにしました。

長いこと愚痴のような文を読んで頂き、ありがとうございます。

おわり
2019-02-09 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
いよいよ姪との暮らしが始まりました。
姪には、2階の和室を貸しました。
姉が泊まるとき、いつも使っていた部屋です。
テレビはありません。

私はテレビは全く見ないのですが、姪はテレビっ子です。
姪が来てから、ダイニングのテレビはいつも点いています。
それが鬱陶しかったのですが、見るなとも言えずそのままにしていました。
仕事に行くようになってからも、帰ってくるとまずテレビをつけます。
朝は早いのですが、私が起きると既にテレビを見ながらご飯を食べています。

洗濯も最初は小さなハンカチのようなものを振って「これ洗濯物なんだけど、どうする?」と言うので、「一緒に洗うから、籠の中に入れておきな」と言いました。
それから洗濯物ラッシュになったのです。
姪は帰宅するとシャワーを浴びるのですが、その時着ていた物を上から下まで全て洗濯に出します。
冬なので重ね着をしている上、ズボンも毎日取り替えるのでたちまち籠がいっぱいになります。
私は洗濯は毎日はしません。
週に2回くらいです。
それが1日置きの洗濯になり、しかも1回では済まなくなりました。
洗濯ハンガーも1つでは足りなくなり、買い足したのですがそれでも干しきれずに、ピンチが壊れている古いハンガーまで総動員で干していました。

うちに居るとき、姪は1度も自分で洗濯をしたことがありません。
それどころか私が乾いたものを畳んでいても、自分の物は自分で畳むなんてことも言いません。
雨の日に濡れたスニーカーも、「これ、乾かしといて」と当たり前のように言うのです。
私は下女か!と思いました。

つづく
2019-02-07 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
無事父のお骨を新しいお寺さんに納めて、2年ほど経ったとき母が亡くなりました。
お通夜には姉と姪が来てくれましたが、姪は仕事があるということでそのまま帰りました。
葬儀は姉と2人でしたので、姪と話す時間はありませんでした。
姪は介護福祉士ですが、いつ資格を取ったのかは知りません。

母の3回忌には、姉と姪が参列してくれる予定でした。
ところが当日の1週間程前に、姉が急性白血病で緊急入院してしまいました。
なので、3回忌は私1人で行いました。

姉のお見舞いには1度行きましたが、看病もむなしく10月10日に息を引き取りました。
私は義兄に会いたくないため、お通夜には行きませんでした。
お金がなくてお葬式ができないというので、義兄には内緒と言って姪に10万円送金しました。
そして分骨してもらうため、49日前にお悔やみに行ってきました。
姉はうちが以前お世話になっていたお寺さんがお経をあげてくださり、火葬まではしました。
でも戒名もなく、俗名のままです。

姪は母親がいなくなったので、もうあそこには居たくないということで、仕事も辞め仕事探しのために12月にうちに来ました。
2週間ほどいたでしょうか、仕事先も見つかり一旦帰りました。
職場は川崎ですが、アパートが見つかるまでうちから通うと勝手に決めていました。
私としても、住むところがないのなら仕方がないと承諾しました。
姪はどうせお金などないのだから、アパートが決まったときのために貯金をして欲しいという思いで、お金は取らないことにしました。

姪が居候を始めたのは、去年の1月13日です。
15日から仕事に通いはじめました。
お互い生活時間が違うので、勝手にやろうということにしました。

私が姪に対してウンザリし始めたのは、来てから10日後くらいからです。

つづく
2019-02-05 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
うちには後継ぎがいないため、お墓は下田の姉の所に作ると決めていました。
父が亡くなり、こちらで通夜葬儀を済ませてから、母と一緒に下田に行きました。
どこか近くのお寺さんにと思っていたのですが、区の(集落のようなもの)墓地があるというのです。
義兄の計らいで、そこに墓石を建てることになりました。
但しうちは住民ではないため、うちの苗字ではなくK家(姉の嫁ぎ先)の墓となります。
私はなんだか嫌でしたが、父の意思なので仕方がありません。
墓石は、母が建てました。

四十九日の納骨から、お盆のお施餓鬼、お彼岸、一周忌と、一々下田まで出かけました。
その間、姪が出席してくれたのは一周忌のときだけだったと思います。
お清めを近くのお料理屋さんでしたのですけど、その時姪と少し話しました。
といっても、体重の話をしただけです。

姪は人懐こいので、「まみこちゃんに会えて嬉しい!」なんて言ってました。
姪とは滅多に会うこともなく、月日は流れました。
そうこうしているうちに、母が認知症になったのです。
それまで義兄には金銭のことで、散々迷惑をかけられました。
そんなことで、私の足も遠のき、義兄が大嫌いになりました。

母ももう回復の見込みはないので、思い切ってお墓をこちらに移すことに決めました。
お寺さんも決まり手続きも澄んだので、下田までお骨を取りに行きました。
義兄の顔は見たくないので、ホテルを手配しました。

無事お経をあげて頂き、骨壺を引き取りました。
その日の夕食は、ホテルで姉と食べることにしていました。
約束の時間までロビーにいたら、姪がやってきました。
久しぶりに会いましたが、相変わらず元気で明るかったです。

つづく
2019-02-03 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
姪がうちに居候を始めたのが、去年の1月半ばのことです。
それから次第に私の精神科の病が悪化して、今に至っています。
その過程を振り返ってみようと思います。

私はブログを書くときに、下書きはしません。
思いつくまま書いていますので、話が前後したり重複したりするかもしれません。
読みにくいかもしれませんが、よろしかったら読んでください。
苦手な方は、スルーしてくださいね。

姪が生まれたのは私が大学卒業間際で、卒業制作に追われている頃です。
出産は実家(うち)の近所の産婦人科医院です。
実のところ、私は今まであまり姪と接することがありませんでした。
小さい頃は1人で何日も泊まっていることがありましたが、私は既に社会人でしたので世話はもっぱら母がしていました。

孫は目に入れても痛くないほど可愛いとよく聞きますが、私の両親はそんなことはなかったようです。
母にしても、置いていかれるので仕方なく面倒を見ていたみたいです。
それでも小学校に入ると、ほとんど来なくなりました。
私達がむこうに行っても、遊ぶのが忙しいらしくあまり顔を合わせることもありませんでした。

中学、高校のころは全くといっていいほど知りません。
姉もマイペースな人なので、知らせてくることもありませんでした。
それでも姪と叔母なので、会えば普通に話はします。
ただ立ち入ったことは話さないので、姪のことはよく知らなかったのです。
ただ母が「あの子は図々しい」と、よく言っていたのは覚えています。

姪の図々しさは、居候を始めたことで如何なく発揮されることとなりました。

つづく
2019-02-01 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
新しく椿の花が開きました。
前に載せたのもありますが、見てください。

DSCN6441.jpg DSCN6442.jpg 「春曙光」です。これは以前載せましたが、満開になりました。ほんのり淡いピンクで、上品な色です。

DSCN6443.jpg DSCN6444.jpg 「数寄屋侘助」です。小さな可愛い花です。

DSCN6445.jpg DSCN6446.jpg DSCN6455.jpg 「太神楽」です。赤と白の絞りで、大きめの中輪です。派手です^^

次は、最近手に入れた小植物です。

DSCN6438.jpg DSCN6439.jpg DSCN6440.jpg 「カリシア・ロザート」です。ピンクの葉が、珍しいでしょう。

DSCN6456.jpg DSCN6457.jpg DSCN6458.jpg 「雲間草」です。これはお馴染みですね。花屋さんなどで売っているのより大株で、花もやや大きめです。

DSCN6459.jpg DSCN6460.jpg DSCN6461.jpg 「スノードロップ」です。白い可憐な花です。「スノーフレーク」と混同してしまいそうです。

DSCN6462.jpg DSCN6463.jpg DSCN6464.jpg 「ワックスフラワー」です。丸くて実のように見えますが、これが花です。蝋細工みたいに、つやつやしています。珍しいので、2つ買いました。

今回は、以上です。
小植物はポット苗なので、植木鉢に植え替えるつもりです。
植え替えるポット苗がたまってしまって、植木鉢が足りません。
近いうちに、100円ショップに行かなくてはと思っています。