FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2017-10-31 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
今までには数多くの人に出会いましたが、中には嫌な人や困った人もいます。
中でも私が1番迷惑を受けたのは、Kさんという女性です。
Kさんに初めて会ったのは、私が所属する派の琵琶の研修会でした。

派の研修会は、月に一度内輪でやっていました。
そこに見学という形で、Kさんは来たのです。
詩吟をやっている人で、理事長の知り合いということです。
見学者であるにもかかわらず、役員席に堂々と座っていました。

私が演奏を終えて戻るとき役員席の後ろを通ったら、Kさんに呼び止められました。
「ちょっと台本見せて」と言うので、見せました。
その日私がやったのは「別れの盃」という、義士物の一つです。
台本を見たKさんは、「あ、間違い見つけた」と言い「赤垣源蔵」と得意そうに「垣」に力を入れて偉そうに言うのです。
琵琶では「赤埴」を使います。
「赤垣」は歌舞伎の特許だからです。
そのことを理事長が説明すると、「あ、そう」と悪びれる様子もなく台本を返してきました。
私は変な人と思いました。

それからしばらく経って、なんとKさんがうちの会に入門してきたのです。
詩吟ではコロンビアの専属だということを鼻にかけて、態度の大きい人です。
お稽古日は火曜と土曜の午後からでした。
自由に行って、来た順番にお稽古をします。
みんなで集まって、人のお稽古も聞きますし自分のお稽古も聞かれます。
それが勉強になるからです。

ところが師匠はKさんには問題有りと見たのでしょう、彼女だけ時間を決めて水曜日に隔離しました。
ほかの弟子達に悪い影響を及ぼさないようにと、考えたようです。
なので私達はKさんを、仲間だとは思っていませんでした。

つづく
スポンサーサイト
2017-10-29 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
べつに好き好んで飼っているわけではありませんが、うちにはクモが住み着いています。
ずっと前からいるのですが、同じクモかどうかも分かりません。
クモの巣は作らずに、家の中を歩き回っています。
いても、私は放置状態です。

名前もないので、「クモさん」と呼んでいます。
テーブルにも乗ってくるし、私を恐れている様子はないです。
小さい虫や、パン屑などを食べているようです。

掃除をしているとゴミの中に入って来たりするので、そういうときは出してやります。
クモはクモで、勝手に住んでいるという感じです。
可愛くもないけれど、気持ち悪くも怖くもないです。
ただ「いるな」と思うだけです。

何という種類のクモかは、分からないです。
家グモ?ハエトリグモ?地グモ?なんでしょうね。
1センチにも満たない、小さなクモなんですよ。

これが、そのクモです。

DSCN4436.jpg DSCN4435.jpg DSCN4439.jpg DSCN4437.jpg

デジカメしかないので、ドアップでは撮れませんが分かりますでしょうか。
右端のは、何か白いものを咥えています。
多分花を生け直したときに落ちた花びらの一部だと思います。

幸いうちにはゴキブリが出ないので、入ってきた虫はみんなそのままにしています。
害虫でないかぎり、殺すこともないですものね。
2017-10-27 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
もう20年以上前ですが、母が猫を飼っていました。
ミーコというメスの三毛猫です。
捨て猫で、床下で鳴いていたのを、私が「ミーコ、ミーコ」と呼んで拾い上げました。
ミーコというのは、猫なので適当に呼んだだけです。

当時私は自分の部屋で、犬を3匹飼っていました。
それでミーコは台所で飼うことにしました。
1週間ほどしたら、母が「可愛いからちょうだい」と言うので、あげました。
母はとても可愛がって、大切に育てていました。

ミーコは手のかからない子で、トイレはお風呂場でします。
最初はトイレ用に箱を置いたのですが、使った様子がありません。
子猫なのでまだ自分ではできないのかと思い、ティッシュを濡らして拭いてやっても出ないのです。
ところが偶然、お風呂場で用を足しているところを見ました。
これで一安心しました。

ミーコは母にベッタリで、母も「ミーちゃん、ミーちゃん」と可愛がっていました。
おとなしいいい子でしたが、残念ながら撒かれた毒に当たって急死してしまいました。

母が亡くなって家の中を整理しているとき、ミーコが使っていたホットマットを見つけました。
古いものでボロなのですが、スイッチを入れてみたらまだ使えます。
これを椅子の上に置いたら温かいだろうと思い、去年から寒くなると使っています。
今年も2週間ほど前に、出してきて使いはじめました。
ポカポカと、とても温かいです。
新しいのを買えばいいと思うのですが、やっぱり思い出のマットが捨てられません。

DSCN4434.jpg これがミーコのマットです。古々しいです。

DSCN4442.jpg DSCN4441.jpg 在りし日のミーコです。

DSCN4440.jpg いつも母にくっついていて、これはおんぶされています。
2017-10-25 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私は歌が下手で、歌わないのですが聴くのは好きです。
下手と言いつつ人前で琵琶の演奏などしていたのですから、厚かましい限りですが。
もう声が出なくなってしまったので、琵琶も引退しました。

歌を聴くのも好きですが、楽器の演奏を聴くのも好きです。
私見ですけど、日本人は編曲がとても上手だと思います。
日本の音楽は、前奏曲から伴奏そしてエンディングまで、とても良くできているのではないでしょうか。
あまり聴く機会はないですけど、演歌などのビッグバンドの演奏は素晴らしいですね。

編曲の巧みさといったら、モーツァルトが1番だと思っています。
全ての楽器がその持ち味を生かせるように作曲されています。
モーツァルトのような天才は別にして、日本の作曲家や編曲家もかなりの技量を持っているはずです。

古典の「越天楽」にしても国歌「君が代」にしても、実に素晴らしいです。
その延長線上にある現代の音楽も、いいものがたくさんありますよね。

今日紹介するのは、みなみらんぼうさんの「途上にて」です。
歌もいいですが、伴奏のピアノがとても素敵です。
因みにピアノを弾きながらサビの部分をハモっているのは、その後シンガソングライターとして現在も活躍している谷山浩子さんです。


2017-10-23 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
秋も深まってきて、今は花が少ない時期です。
菊の花が咲きだすころでしょか。
プランターのジュリアンが、今年3度目の花を咲かせました。
1株だけ、生きていたのです。

ジュリアンは多年草ですが、サクラソウの仲間で根が浅いのです。
そのため夏を越すのは難しいといわれています。
うちでも、ほかのジュリアンはみんな枯れてしまいました。

DSCN4428.jpg 1株だけ残り、花を咲かせたジュリアンです。1輪ですが、健気ですね。

今年は夏の気候が不安定だったせいか、花の咲き方も狂っているようです。
夏の花のペンタスも、綺麗に咲いています。
路地で咲いているのは、あと名前の分からない白い花です。
これは断続的に咲いています。

DSCN4429.jpg DSCN4430.jpg ペンタスと、白い花です。ペンタスは蕾があるので、まだまだ咲きそうです。

路地にはほかには花がないので、殺風景です。
白い花は、玄関前に置いてあります。
玄関前には、あとジジガーデンマムが2鉢あります。

庭にも花が少なくて、寂しいです。
まだ冬も来てないのに、春が待ち遠しいです。

おまけ・デンマークカクタスの花が、大きくなりました。

DSCN4431.jpg DSCN4432.jpg DSCN4433.jpg

2017-10-21 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
姉が亡くなって10日が過ぎました。
まだ現実感がありません。
本当は今日、弔問に行くつもりでした。
ところが台風が近づいているようなので、11月4日に行くことにしました。
49日前にどうしても行きたいと思っています。

先日姪からの電話で、「お母さんのお骨いる?」と聞かれました。
もちろん欲しいと答えました。
C寺の住職さんから、「もし、まみこさんがお骨を欲しいと言ったら、分骨してもいいよ」と言われたそうです。
C寺は以前うちのお墓が下田にあったころ、お世話になっていたお寺さんです。

骨壺を開けて、手で触ってもいいそうです。
そしてビンにでも入れて分けてあげるといいということでした。
ビンといっても薬の空き瓶なんかでは可哀そうです。
あちこち探したのですが、丁度いいビンがありません。
そこで、新しく購入することにしました。

クリーマさんで探したのですが、なかなか「これは!」というものがないのです。
しつこく探していたら、ガラスの素敵な小物入れを見つけました。
予算をかなりオーバーしましたが、姉のためなので奮発して注文しました。
その品が、明日届きます。

思いがけずお骨をもらえることになって、良かったです。
発病して6か月も経たないうちに逝ってしまった姉を、私の家でも手厚く供養したいと思います。
2017-10-19 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
最近カラフルな室内植物に凝ってます。
色が付いた葉や、花が咲く植物を集めています。
新しく仲間になった子達を、紹介します。

DSCN4399.jpg DSCN4400.jpg DSCN4401.jpg ピンクネックレスです。とても小さなピンクの花が咲いています。

DSCN4402.jpg DSCN4403.jpg カリシアロザートです。葉っぱがピンクで可愛いです。

DSCN4404.jpg DSCN4405.jpg DSCN4408.jpg DSCN4406.jpg DSCN4407.jpg DSCN4409.jpg アキラサンスの赤と黄色です。花のように見えますが、葉っぱです。

DSCN4413.jpg DSCN4414.jpg DSCN4415.jpg クリンセファラムです。小さな花が、集まって咲いています。

DSCN4416.jpg DSCN4417.jpg DSCN4418.jpg グロラリアブルーアイ「目玉のおやじ」です。まだ蕾ですが、開くと鬼太郎の目玉のおやじみたいですよ。

DSCN4419.jpg DSCN4420.jpg DSCN4421.jpg ヒヒポシルサ「金魚の木」です。金魚に見えますか?

以上です。
やっぱり室内植物にも、色があると楽しいですね。
今、以前買ったデンマークカクタスの花が、とても綺麗に咲いています。
写真を撮れば、良かったですね。
2017-10-17 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
3年くらい前から、風邪の症状が続いています。
それで風邪薬をよく飲んでいました。
一時的に良くなるのですが、完治はしません。
季節に関係なく、1年中毎日です。
それほど辛いという訳ではないのですが、鬱陶しいです。

症状は、咳、頭痛、喉の痛み、鼻水が主です。
熱は出ません。
1~2日に1度は、風邪薬を服用していました。
なので年間の風邪薬消費量は大変なものでした。
風邪薬は、置き薬のものを使っています。

あとは咳止めもよく飲みました。
ただ咳止めを飲むと眠れなくなるので、できるだけ我慢していました。
鎮痛剤は、病院から出ているものを使っています。
本当は切除後疼痛のために出ている薬です。

先日の内科の通院日に、先生に話しましたところ、それは風邪ではないのだそうです。
空気中の物質によるものなので、風邪薬を飲むと逆効果だと言われました。
先生がおっしゃった頭痛、痰の出ない咳、喉の痛み、鼻水というのが、正にドンピシャです。

それ以来、風邪薬は飲まないようにしています。
2週間ほど経ちますが、不思議と軽くなっているのです。
咳も減りましたし、喉の痛みは殆どありません。
鼻水も出なくなりました。
頭痛はまだありますので、酷い時だけ鎮痛剤を飲んでいます。
それでも、飲む回数は減りました。

だいぶ楽になり、ほっとしています。
要は、病気ではないということなのですね。
2017-10-15 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
マーガレットをご存知ですか?
花のマーガレットではなくコミック誌のマーガレットでもなく、着るものです。
背中に羽織るようなもので、袖が付いています。

DSCN4379.jpg 二つ折りにするとこんな感じです。

DSCN4380.jpg 開くとこうなります。前は開いていますが、袖を通すとムササビのようになって、背中が温かいです。

だいぶ前に、母が編んでくれたマーガレットを愛用していました。
それはボロになって、捨ててしまいました。
それから随分経ったのですが、マーガレットが欲しいと思いました。

認知症の母を、在宅介護していた頃です。
毎日暇だ、退屈だと言うので、「じゃ、マーガレット編んでくれる?」と言って毛糸を渡しました。
マーガレットは編み物初心者でもできる簡単なものです。
ただ長方形に編んで、袖口を付けるだけです。

母は編み物が得意で、どんなものでも編んでくれていました。
それで認知症になっても、これくらいは編めるだろうと思ったのです。
ところが、どう説明しても理解できませんでした。
そして鈎針でひざ掛けを編みはじめたのです。
あれれ?と思いましたが、退屈しのぎになるならいいと思いました。
もう編み方も一種類しかできず、同じひざ掛けを2枚編みました。
それが母の編み物の最後でした。

認知症患者を見るのは、初めてのことだったので、私も随分戸惑いました。
写真のマーガレットは、最近買ったものです。
2017-10-13 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
ガーデニングを始めてからまだ4~5年、草花を種から育てたことはありません。
いつも苗を買って植えていました。
先日、苗のおまけに種をもらいました。

DSCN4395.jpg こういうものです。小袋に種が少しずつ入っています。

自信がないので迷ったのですが、ダメ元で蒔いてみることにしました。
空いているプランターの土を耕して、蒔きました。

DSCN4389.jpg DSCN4390.jpg DSCN4391.jpg

DSCN4392.jpg 一部は庭にも蒔きました。

蒔いた種は、アスター、帝王貝細工、キンセンカ、美女撫子、白花カスミソウ、矢車草、寒咲花菜です。
芽が出てくれるかどうか、少し心配です。
今蒔き時ではないものは、とってあります。

種から育てるというのは、間引きをしたりするんですよね。
それがどうしても苦手です。
せっかく芽を出したのに、間引いてしまうなんて可愛そうです。
そういう踏ん切りが、まだついていません。
その前に芽を出すかが、問題ですけど。

花が少ない時期ですけど、アイタカジャコウソウの花が咲きました。

DSCN4393.jpg DSCN4394.jpg

おまけ・玄関前に花がなかったので、ジジガーデンマムを飾りました。

DSCN4396.jpg DSCN4397.jpg DSCN4398.jpg

2017-10-11 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
昨日、姉が亡くなりました。
午前11時ごろ姪から電話があり、急変したと知らせてきました。
意識もなく下血もひどいため、輸血も間に合わない状態だそうです。
「聞こえる?」と言われて耳を澄ますと、「ハアー、ハアー」と苦しそうな息づかいが聞こえました。
酸素を目いっぱいにしていても、この状態なのです。

姪は仕事中に駆け付けたようで、お昼までに職場に戻らなきゃと言っていました。
一旦戻ったけれど、とんぼ返りで病院に来たみたいです。
12時にまた電話がありました。
「駄目だったの?」と聞くと「うん」と答えました。
11時半ごろに、息を引き取ったようです。

本当は、先週の土曜日に行くつもりで切符を取ったのです。
ところが急に木曜日に転院することになり、切符をキャンセルしました。
転院先は伊豆急線の今井浜(河津の隣)というところにある病院です。

前回お見舞いに行った時も急に退院したので、切符をキャンセルして踊り子号の切符に取り直しました。
ところが今回は、キャンセルだけしたのです。
木曜に転院では土曜はまだ疲れているいるだろうと思い、見合わせました
そして今週の土曜に行くつもりで、そろそろ切符を買いに行こうと思っていた矢先です。
切符を買わずにいたのは、虫の知らせでしょうか。

夜電話したら、遺体は自宅ではなく姪の家にいるそうです。
死に顔が、すごく綺麗だと言っていました。
お葬式は出さないということで、49日までに1度行こうと思っています。

お見舞いのお菓子の他に、猫好きな姉にこんなものも買っておきました。

DSCN4377.jpg DSCN4378.jpg にゃんこのタオルハンカチです。可愛い顔のが多かったのですが、わざとブウ猫のものを選びました。これは私が使うことにします。

人の命って、呆気ないものですね。
それにしても、早すぎる死でした。
2017-10-09 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
この辺は建物が密集しているため、地境に対してはとても神経質になっています。
軒先が1センチでもはみ出していれば、切らされます。
私の家でも、玄関のタイルが少しだけはみ出していたため、切らされました。
そんなわけで家を建てるときは、接している家同士が立ち会って確認をします。

最近庭の隅が雑然としているので、余計な物は裏に出そうと思いつきました。
裏側には滅多に行かないのですが、見に行きました。
裏側は3軒の家と接しています。
そのうちの2軒が、植木鉢などをうちの敷地の方まで置いてありました。
どかせるものは、どかしました。

ところが1軒の家の植木が大幅にはみ出していて、どちらを向けてもうちの壁に寄りかかってきて、枝が庭の中にまで入ってきます。
植木鉢そのものも大きくて、はみ出しています。

これがその様子です。

DSCN4247.jpg DSCN4248.jpg DSCN4249.jpg DSCN4250.jpg DSCN4253.jpg DSCN4252.jpg 狭いでしょう。左側が我が家です。十字の印が地境の杭です。

DSCN4254.jpg 庭の方から見ると、こんな感じです。

そこで裏の家に、どかしてくれるように言いに行きました。
努めて穏便に話しました。
出たのはお嫁さんで、お義父さんが置いたので分からないということです。
お義父さんは、一昨年亡くなったそうで、「主人に話してみます」と言いました。

それから1か月経って、ようやく木は切ってありました。

DSCN4381.jpg DSCN4382.jpg こうなりましたが、植木鉢そのものがはみ出しています。

私としては不満ですけど、これ以上事を荒立てたくないので、これで良しとします。
おいおいここを掃除して、ブロックや石や空いた植木鉢などを置こうと思っています。
2017-10-07 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
フウランを育ててみたいと思い、購入しました。
育て方は、ブログのお友達haruさんに教えていただきました。
3種類買ったのですが、1つは夏に届きました。
残りの2つがやっと届いたので、植えてみました。

用意するもの。

DSCN4366.jpg DSCN4364.jpg DSCN4365.jpg DSCN4367.jpg DSCN4368.jpg フウラン、かご、ミズゴケです。

左のものは最初に届いたものですが、名前は不明です。
白い花が咲きます。
次は、麒麟丸と猩々です。
この2つは色花です。
かごは、もう亡くなりましたが叔母の旦那が作ったものです。
竹を編んだものです。

では、植えていきます。

DSCN4369.jpg DSCN4370.jpg DSCN4371.jpg まずミズゴケをほぐしながら、底に敷きます。フウランを入れます。そして隙間にミズゴケを詰めていきました。

DSCN4372.jpg 木の枝にぶら下げました。

なかなかいい感じにできました。
まだ1週間くらいしか経っていませんが、みんな元気です。
もう少し増やしたいなと、思っています。

来年花が咲くのが、楽しみです。
2017-10-05 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
今水槽の中にメダカは1匹しかいません。
幹之半ダルマメダカの白チビちゃんだけです。
他にはヌマエビが7匹と貝が1匹です。

それでも少しでも環境を良くしてあげようと、酸素装置と二酸化炭素除去装置を取り付けました。
小さなものです。
今の水槽用酸素は、ブクブクと泡が出ないのですね。
なので見た目は、酸素が出ているのかどうか分かりません。
でもヌマエビ達がそばに群れているので、出ているのでしょう。

DSCN4349.jpg DSCN4353.jpg DSCN4359.jpg 酸素の装置です。

DSCN4356.jpg 二酸化炭素除去装置です。

黒いものは、温度調節器です。
水温は23度に保たれています。

白チビちゃんは、とても元気です。
一回り大きくなりました。
卵を付けていたことがあるので、女の子です。
前にいたアカは1か月以上も毎日卵を産み続けましたが、白チビちゃんは3日くらいしか産みませんでした。

DSCN4358.jpg 左隅に白チビちゃんがいるのですが、見えますか?

白チビちゃんは、バック泳ぎをよくします。
小さくて、とても可愛いです。
この子には、元気で長生きして欲しいです。
2017-10-03 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
早いもので、もう10月になりました。
秋真っただ中ですね。
今日は8月と9月に活けた花です。
夏から秋への季節の移ろいが、感じられますでしょうか。

DSCN4088.jpg DSCN4089.jpg DSCN4093.jpg DSCN4090.jpg DSCN4092.jpg DSCN4094.jpg

DSCN4149.jpg DSCN4151.jpg DSCN4150.jpg DSCN4152.jpg

DSCN4228.jpg DSCN4229.jpg DSCN4230.jpg DSCN4232.jpg

DSCN4256.jpg DSCN4257.jpg DSCN4258.jpg DSCN4259.jpg DSCN4260.jpg DSCN4261.jpg

DSCN4271.jpg DSCN4272.jpg DSCN4273.jpg DSCN4274.jpg DSCN4275.jpg DSCN4276.jpg

DSCN4286.jpg DSCN4287.jpg DSCN4288.jpg DSCN4291.jpg DSCN4292.jpg

DSCN4312.jpg DSCN4313.jpg DSCN4314.jpg DSCN4315.jpg DSCN4316.jpg

今年は気温が低めだったので、花もちも良かったです。
バックが白っぽい壁になっている花は、活けなおすときにまだ元気だった花を集めたものです。
仏様の花も、混ざっています。

たいていスーパーで花束になったものを買うのですが、9月になるとリンドウが増えました。
今月最初に買った花には、リンドウはありません。
これからどんな花に変わっていくのか、楽しみです。

花瓶の種類が少ないので、なかなか花に合わせるのが難しいです。
大体使う花瓶は、決まってしまいます。
2017-10-01 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
室内植物の仲間が、少し増えました。
最近花が咲く植物に、凝ってます。
新しい仲間を見てください。

DSCN4329.jpg DSCN4330.jpg DSCN4337.jpg DSCN4338.jpg  紫式部です。前にも買ったことがあるのですが、外に置いたら枯れてしまいました。小さいので、今度は室内で育てます。

DSCN4331.jpg DSCN4332.jpg DSCN4333.jpg デンマークカクタス・のいちごです。シャコバサボテンに似ていますね。

DSCN4334.jpg DSCN4335.jpg DSCN4336.jpg ヘデラヘリックス・ムーンライトです。観葉植物です。見たところ柔らかそうですが、硬いです。色が気に入りました。

DSCN4339.jpg DSCN4340.jpg これは前からあるものですが、ニョキニョキと茎が伸びてきました。リプサリスといって、私はずっと多肉植物だと思っていたのですが、サボテンとラベルに書いてありました。棘はないです。

今回はこれだけです。
今までの花が咲く観葉植物は、白い花が多かったので、少しカラフルにしてみました。
屋内屋外にかかわらず、植物はいいですね。
もちろん動物も好きです。

ここのところやっとやぶ蚊がほとんどいなくなりました。
これからは庭作業が、楽しくなります。