このブログは、リンクフリーです。
2017-08-06 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
8月4日にメダカのAが死にました。
うちに来たのが去年の4月6日ですから、約1年4か月です。
メダカの寿命は約1年といいます。
来たときはすでに成魚でしたので、随分長生きしたと思います。

最近痩せてきていたので、そろそろかなと思っていました。
食欲はありましたが、死ぬ1週間ほど前からおかしな行動をするようになりました。
水草の中に頭を突っ込んでいたり、石と壁面の間で体を「くの字」にしていたりしました。
背中をチョンと突くと、普通に動き出します。

死の2日前からは、同じ場所をクルクル回るのです。
まるで子犬が自分のしっぽを追いかけて回るような仕草です。
これはおかしいと思っていたら、2日後に水草が植えてあった小さな植木鉢の中で息絶えていました。
死体はとても小さかったです。

その朝の新聞のペット欄で、動物も認知症になるという記事を読みました。
障害物があっても突進していったり、同じ場所でクルクル回ったりするそうです。
陸上動物とメダカが同じかどうか分かりませんが、Aは正にその行動をとっていたのです。

死んでしまったのは寂しいですが、長生きしての大往生だと思います。
今はアカが1匹だけになってしまいました。
あとヌマエビと貝が各1匹です。

今後どうしようかと考えています。
メダカを新たに加えるか、金魚を飼おうか迷っています。
ダルマメダカという丸っこいメダカもいるようなので、それも候補の一つです。

いずれにしても、アカには元気で長生きして欲しいです。
スポンサーサイト