このブログは、リンクフリーです。
2017-05-08 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私が乳癌の手術を受けたのは、2008年の7月です。
手術の際に、神経を切断したり傷つけたりしています。
そのため切除後疼痛というものが、あります。

切除後疼痛は、いつも痛いわけではありません。
時々激痛があります。
手術を受けたのは右ですので、右側の胸から脇腹にかけて痛みが走ります。
すぐに治まることもありますし、何度も続くこともあります。
続いたときは、痛み止めを飲みます。
それで痛みはなくなるのですが、右脇腹から右腕までとてもだるくなります。
その部分には、湿布を貼ります。
痛み止めも湿布も、外科から処方されています。

癌はまだ完治のお墨付きはいただいていません。
経過観察中です。
完治したとしても、切除後疼痛は一生あるそうです。
神経の痛みですので、気候や気温にも左右されます。
夏場は割合楽です。

来月は、定期検診があります。
たぶん大丈夫だと思いますが、いい結果が出るように祈っています。
定期検診は面倒ですが、仕方がないですね。
スポンサーサイト