FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2016-09-20 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私の料理嫌いは、どうも母譲りらしいです。
母の実母も料理はしなかったそうです。
旅館の末娘だったせいか、甘やかされて育ち、家事は一切できなかったといいます。
家事は、姉やさんやばあやさんが住みこみでいたので、任せっぱなしでした。
実母は40代で亡くなっているので、私は知りません。

母は1番上の長女で、下に幼い弟妹達がいました。
その後祖父は再婚しました。
継母は食道楽で、料理も上手でした。
それで母は実家でも料理を殆どしないまま、結婚しました。

新婚時代のことは知りませんが、姉が生まれてからは父の妹が手伝いに来ていました。
私が生まれてからは、隣に継母の兄夫婦を住ませて、うちの世話をしてもらっていました。
祖父は何を思ったのか、私が生まれた家の隣に全く同じ家を建て、空き家にしていたのです。
この土地を母に生前贈与したため、贈与税がかかり隣の家は土地ごと売却しました。

私が小さい頃は、母も食事の支度をしていましたが、殆ど出来合いのものだったような記憶があります。
それから母の妹が、花嫁修業と称して洋裁学校に通いながら家事をしてくれていました。
やがて妹も結婚したので、その後は祖父がお手伝いさんを送り込んでくれました。
お手伝いさんは、私が小学校5年生くらいまでいたと思います。
ある時、お盆かお正月か忘れましたが、実家に帰ったまま戻ってきませんでした。

母は学習塾をやっていましたので、忙しかったこともあり、夕食の支度は姉と私が交代でやることになりました。
スポンサーサイト