このブログは、リンクフリーです。
2016-08-31 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
世の中全ての人が動物好きとは思いませんが、極端に嫌う人もいるのですね。
うちの裏にSさんという家があります。
そこの親父さんは、猫を目の敵にしています。

だいぶ前のことになりますが、猫毒殺事件がありました。
家々の境に毒を撒いたのです。
その為近所中の猫が死にました。
うちのミーコもやられました。
両隣の猫も死にました。
家は接していませんが、Hさんという猫を十数匹飼っていた家があります。
そこの猫達も全滅しました。
証拠のないことなので何とも言えませんが、私はSさんが犯人だと思っています。

その後Sさんから電話がかかってきました。
裏で猫にエサをやっている人がいるが、お宅ではないのかと言うのです。
もちろん私は否定しましたが、植木鉢を倒されて困ると言います。
私はエサをやっている人を知っていましたが、黙っていました。
Kさんというお婆さんで、ベビーカーみたいなものにエサや掃除道具を乗せてエサ遣りをしています。

そのKさんも、もう亡くなったのでしょう。
しばらく何事もなく過ぎました。

先日キッチン窓の網戸が落ちたので、久しぶりに裏に行きました。
そうしたらなんと、裏の隙間がネットで囲われているのです
Sさんが猫対策にやったのだと思います。

DSCN2492.jpg DSCN2493.jpg こんな具合です。

鉄の桟は、うちの庭の裏の出入口です。
勝手にこんなものを付けられて、とても不愉快です。

DSCN2494.jpg 更にはうちの敷地内に植木鉢も置いてあります。

ほかにもSさんから受けた被害はまだあります。
最近見かけませんが、顔を合わせたら文句を言おうと思います。
スポンサーサイト
2016-08-29 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
夏が過ぎると、そろそろ椿の苗が出始める季節です。
私は花木の中では、椿が1番好きです。
一頃椿を数十鉢育てていました。
ペットロスに陥り、全滅させてしまいました。

昨年あたりから、また椿を育てたいと思うようになりました。
椿は地植えにすると大きくなるので、鉢で育てようと思います。
欲しい椿のリストアップもしました。

今年になって、4種手に入れました。
鉢に植えて、路地に並べてあります。

DSCN2487.jpg DSCN2488.jpg DSCN2489.jpg DSCN2490.jpg

左から「一子侘助」「白西王母」「紺侘助」「黒侘助」です。

DSCN2491.jpg 「白西王母」には、蕾が付いています。

椿の中でも侘助が特に好きなので、侘助を中心に集めるつもりです。
「数寄屋侘助」と「胡蝶侘助」は、すでに注文してあります。
これから椿の検索をして、徐々に注文していくつもりです。
選ぶのも、また楽しいです。

以前育てていたものや、ブログなどで新たに知ったものもあります。
欲しいものが、うまく手に入るといいなと思います。
2016-08-27 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
また多肉植物とサボテンに、新しい仲間が加わりました。
見ると欲しくなるので、置き場所に苦慮しています。
残念なことになってしまった子達もいます。

新しい仲間達です。
まず。多肉植物からです。

DSCN2457.jpg DSCN2458.jpg DSCN2459.jpg DSCN2460.jpg DSCN2461.jpg DSCN2462.jpg DSCN2463.jpg DSCN2464.jpg DSCN2465.jpg DSCN2466.jpg DSCN2467.jpg DSCN2468.jpg DSCN2469.jpg DSCN2470.jpg DSCN2477.jpg DSCN2478.jpg DSCN2479.jpg DSCN2480.jpg 

いつものように、横と上から撮りました。
左上から順にペペロミアニパドラ、エケベリアトップシダービー、弁天玉、セダムブレフォリウム、レモータ、セダム、名前不明、フェネトリアベビートゥ、ザラメッサー、オブツーサです。
2番目は前にも紹介したのですが、茎が伸びてきたので載せてみました。
最後の2つのような、半透明っぽいのが好きです。

次はサボテンです。

DSCN2473.jpg DSCN2474.jpg DSCN2475.jpg DSCN2476.jpg

松笠団扇と、アルケシアです。
アルケシアは成長すると、ひだが細かくなって脳みたいになるそうです。

集めるだけでなく、手入れもしなくてはならないのですが、なかなかできていないです。
時間を作って、やろうと思っています。

どれもみんな、可愛いです。
2016-08-25 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
昨日やっとモミジの枝を切りました。
隣家2軒の外壁にくっついてしまっていたので、気になっていました。
1軒は大丈夫なのですが、もう1軒が苦情を言う家なのです。
早く切らなくてはと思いながら、ヒヨドリを脅かしたくなくて我慢していました。

もうヒヨちゃんも来そうにないので、切ることにしました。
枝が高い所なので、脚立と高枝切りばさみを使っての作業です。
高枝切りばさみがだいぶ古いので、切れないのです。
力を入れて捩じるように、無理矢理切りました。

本当は山椒とムクゲと山茶花も枝が絡まってしまっているので、整理したかったのですが疲れたのでやめました。
もう少し待って、葉が散ってからやろうと思います。
枯れ枝だけは、落としました。

DSCN2482.jpg DSCN2481.jpg

こんなものです。
あとはゴミ袋に入るくらいに細かくして、ゴミに出すだけです。
これも一仕事です。

ついでなので、草花の枯れたものや雑草も始末しようと思います。
昨日は曇り空でしたが、相当汗をかきました。
タイミングのいいことに、終わったらザーッと雨が降ってきました。
降る前に終わって良かったです。
高枝切りばさみも、買い換えたいです。
2016-08-23 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
いきなり巣から飛び出したヒナは、私がしゃがんでいる目の前の塀にぶつかって落ちました。
真っ黒で、まだ小さかったです。
私は見ないふりをして、植物の巡回を続けました。
庭を出るときは、もう巣に戻っていたようです。

その日の午前中から、親が付きっきりでヒナの飛ぶ練習が始まりました。
2日ほどで、ヒナは庭の中だけは飛べるようになりました。
真っ黒なヒナは、見る見る大人の羽になっていきました。
野鳥の成長は早いですね。

飛べるようになると、今度は食事の練習です。
ムクゲの枝にヒヨちゃんと子供が並んで止まり、ヒヨちゃんが葉っぱの食べ方を教えていました。
ヒヨちゃんは前に回り横に並びして、指導しています。
子供も真似をして、葉っぱを食べていました。

その翌日8月15日、庭にヒヨドリの姿はありませんでした。
夕方になって、ヒヨちゃんだけが門の前の電線に止まっていました。
それで話しかけると、「ヒーヨヒーヨ」と答えます。
私が玄関に入ってしまっても、鳴いていました。

翌朝仏壇にお参りしていると、後ろで「ヒーヨヒーヨ」と呼ぶ声が聞こえます。
「ヒヨちゃん、おはよう」と言うと鳴きながらチョンチョンと枝を渡って近づいてきました。
その日と翌日は、昼間子供を連れてきて、庭で遊んでいました。

そして8月18日の朝、私が庭から出てくると、玄関上の電線に3羽並んで止まっていました。
♂はすぐ飛んで行ってしまいましたが、ヒヨちゃんと子供は残っていたので少し話しました。
それを最後に、ヒヨちゃん一家は消えました。
ヒヨヒヨヒーヨヒーヨと賑やかだった庭は、静まり返っています。
時折スズメの声と、カネタタキがチンチンチンと鳴く声が聞こえるだけです。

DSCN2453.jpg DSCN2455.jpg DSCN2454.jpg DSCN2456.jpg

ヒヨドリの巣です。
ボロ屑を集めたようなものでできています。
風雨にさらされ、鳥の出入りと共に形も崩れてしまいました。
片付けようか、来年までこのままにしておこうか、迷っています。

おわり
2016-08-21 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
初めてヒヨドリのヒヨちゃんを見てから、2ヶ月くらいが経ちました。
あの時ヒヨちゃんは、まだ大人ではありませんでしたがヒナでもありませんでした。
綺麗な黒い頭とグレーの羽は、つやつやしていました。

ヒヨドリの生態はよく知りませんが、巣作りと子育ては共同でしますが抱卵は♀だけがするようです。
ヒヨちゃんのお腹の下には、卵があったのだと思います。
いつも巣にいたので、抱卵していたのでしょう。
だから、ヒヨちゃんは♀です。

やがて卵が孵りヒナになりました。
チラッと見たところでは、ヒナは茶色の醜い物体でした。
ヒナの成長は早くて、見る見る羽が生え大きくなってきました。
ヒヨちゃんも成鳥になり、ぼさぼさ頭で羽は茶色がかった綺麗とは言えない色になっていました。

卵はヒヨちゃんが産んだのかどうか分かりません。
あんなに幼いというか、若い鳥でも卵が産めるのでしょうか。

ヒナに羽が生えそろった頃、初めて♂を見ました。
巣の上に立っていたので、最初はヒヨちゃんかと思いました。
でも羽を広げたり閉じたりして威嚇しているので、ヒヨちゃんじゃないと気がつきました。
ヒヨちゃんは、アーチの上に止まっていました。

私がしゃがんで植物の状態を見ていると、♂が頭上すれすれに飛んでは脅しにかかります。
少し怖かったのですが、何事もないふりをしていました。
5回も6回も脅しはありました。
それに驚いたのか、突然ヒナが飛んで巣から出たのです。

つづく
2016-08-19 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
ここのところの猛暑で、夏枯れというのでしょうか、庭には殆ど花が咲いていません。
ムクゲの花は元気に咲いていますが、草花のほうが寂しい限りです。
かろうじて咲いているのは、沢桔梗とヤブラン、キャットテール、コエビソウだけです。

DSCN2439.jpg DSCN2443.jpg DSCN2440.jpg 沢桔梗とヤブランです。

花は咲いていませんが、最近甘木リンドウを2つとサラセニアの苗を植えました。

DSCN2441.jpg DSCN2442.jpg 甘木リンドウには、蕾が付いています。サラセニアは食虫植物です。

路地の方もあまり花はありません。

DSCN2448.jpg DSCN2449.jpg ペンタスは元気です。

DSCN2446.jpg DSCN2447.jpg マリーゴールドも花つきは良くないです。

DSCN2444.jpg DSCN2445.jpg 一昨日サマーブルーの苗を買って植えました。3株あります。涼しそうな色で、綺麗ですよ。

DSCN2450.jpg DSCN2451.jpg ポーチュラカです。まあまあ元気です。

今咲いているのは、これくらいでしょうか。
マツバボタンが、ポツポツと咲きます。

昨日は雷が鳴って土砂降りでしたが、相変わらず暑いです。
夏は好きですが、花が少ないのは寂しいです。
2016-08-17 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
8月は火災保険の更新月です。
O保険事務所のGさんという人が、3年前からうちの担当になりました。
この人が、とても図々しくて感じが悪いのです。

3年前に初めて来たときです。
玄関に入るなり、靴を脱ぎ掛けて上がろうとしました。
私が玄関に座ると、「ここでですか?」と不満そうに言いました。
ただの更新だけで難しいことは何もないのですが、地震保険がどうのと要領を得ないのです。
そこで仕方なく上がってもらいました。
前年の保険証書を探して、出したとき「あ、それ違いますね」と生意気な口調で言うのです。
私は保険関係の書類は一括してファイルに入れてあり、1番上には簡保の封筒がありました。
その下から目的のものを出すと、それ以上は言いませんでしたが、感じ悪い奴と思いました。

去年も同じように靴を脱ぎ掛けて、「ここでですか?」と言いました。
火災保険の更新など簡単なもので、5分もあれば済んでしまいます。
それが上がりこむのが当たり前みたいな態度なので、大嫌いです。

今年も8日に来ました。
今回は「ここでですよね」というので、素っ気なく「ええ」と答えました。
内容は去年と同じなので、2か所に署名するだけです。
署名するだんになったら、「中に行きますか?」なんて言うので、無言で玄関の板の間で署名しました。
これで終了です。

ところがもう帰ればいいのに、保険内容の説明を始めたのです。
分かりきっていることばかりです。
その上「中はクーラー付けてるんですか?」などと、余計なことを聞きます。
「午前中は付けてませんよ」と答えると、今度は自分が熱中症になった話を始めました。
いかにも中で涼ませて、冷たい飲み物をくれとばかりの言い方です。
完全に無視しました。
それでやっと帰って行きました。

Gさんは、まだ若い男性です。
どこへ行っても、上がりこむのでしょうか。
図々しい上に、自信家で感じが悪いので、担当者を変えて欲しいと思っています。
2016-08-15 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
以前苔を集めているという記事を書きましたが、その後の様子を報告します。
苔たちは、概ね元気です。
ダメになってしまったのも、あります。
剥き出しの苔は、毎日霧吹きをしていても、乾燥して枯れてしまいました。
蓋付き容器のものは、小さいのが2つ枯れた以外、みんな生きています。

苔の置き場所を、1か所にまとめました。

DSCN2409.jpg DSCN2410.jpg DSCN2411.jpg DSCN2412.jpg

キッチンの棚の上に、2段に置きました。
前より明るくなったので、元気になりました。
1つずつ見ていきます。

DSCN2413.jpg DSCN2414.jpg DSCN2415.jpg  DSCN2418.jpg DSCN2416.jpg DSCN2419.jpg DSCN2420.jpg DSCN2421.jpg DSCN2422.jpg DSCN2423.jpg  DSCN2425.jpg DSCN2426.jpg DSCN2425.jpg
DSCN2426.jpg DSCN2427.jpg DSCN2428.jpg DSCN2429.jpg

左上から、名前不明の寄せ植え、シッポゴケ、オオバチョウチンゴケ、ミズゴケ、ホソバオキナゴケ、名前不明、タマゴケ、ホソバオキナゴケ、ヒノキゴケ、オオスギゴケ、タマゴケ、ツヤゴケ、ムチゴケ、最後は「ヒノキゴケ、コウヤノマンネングサ、ホソバオキナゴケ」の寄せ植えです。

同じ種類のものがダブっています。
もうこれで、大体買い尽くした感じです。
また珍しいものが出たら、買おうと思います。

苔は手入れが楽ですよ。
乾燥と水気の多すぎに注意すれば、大丈夫です。
以上、苔コーナーでした。
2016-08-13 (土) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
私はとても小食の上自分で料理もしないので、栄養不足が気になります。
肉や魚や野菜などの食材は一切買いません。
夕食はスーパーで買いますが、お弁当は量が多いので食べ切れません。
大抵いなり寿司や巻きずしの小さいものを買って、2日に分けて食べます。
その後はヨーグルトや葛湯などで、1週間済ませます。
買い物は、1週間に1度しか行かないのです。

果物は毎日食べていますが、これではとても栄養が充分とは言えません。
内科の主治医の指導で、もう何年も養命酒を飲んでいます。
私がほんの少ししか食べられないことを知っている主治医は、栄養補助食品を摂ることを反対しません。
養命酒に加えて、ミドリムシも飲むようになりました。

最近になって、肝油を飲むことにしました。
肝油といえば、小学校の頃は毎日給食の時に食べていました。
とても臭くてまずいという印象があります。
でも今は錠剤になっているので、楽に飲むことができるのですね。

肝油を注文したときに、「野草酵素」というものをおまけにもらいました。
これも今飲んでいます。
こういうものは即効性はありませんが、なんとなく調子がいいです。
成分を見ると、殆どの栄養が補えるようです。

本当は食べ物から摂取するのが1番ですが、食べられない人間にとってはこれも必要かなと思います。
最近は体も軽いので、よく動けます。
養命酒とミドリムシと肝油と野草酵素で、元気な日常生活を送りたいです。
2016-08-11 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
サボテンの新色が出たので、買いました。
今、明日香姫と緋牡丹の色違いを集めています。
カラフルで楽しいですよ。

まず明日香姫からです 

DSCN2391.jpg DSCN2392.jpg 水色です。青はあったのですが、水色も出品されました。

DSCN2390.jpg DSCN2393.jpg オレンジです。水色もオレンジも、子だくさんです。

DSCN2388.jpg DSCN2389.jpg 明日香姫6姉妹です。

次は緋牡丹です。

DSCN2396.jpg DSCN2399.jpg 黄色です。子供が付いています。

DSCN2397.jpg DSCN2400.jpg オレンジです。写真だと黄色との区別がよくつきませんね。

DSCN2394.jpg DSCN2395.jpg 緋牡丹4姉妹です。キャンディみたくて可愛いです。

両方とも小さいのですが、カラフルなので存在感があります。
緋牡丹は、このタイプの総称です。
色によって「黄牡丹」「ピンク牡丹」などと呼びます。

ほかにどんな色があるのか分かりませんが、たくさん揃えたいです。
可愛くて楽しいですよ。

新たにほかのサボテンや多肉植物も増えましたので、折を見て紹介します。
2016-08-09 (火) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私の住んでいる浅草は、台東区にあります。
台東区といっても、よその地域の方には馴染みがないと思います。
それより上野とか浅草とか言った方がピンとくるのではないでしょうか。

台東区は「タイトウク」と読みます。
「ダイトウク」ではありません。
東京の人でも、「ダイトウク」と言う人が稀にいます。

私が大学4年の時です。
私達の大学は、全員が教育実習をします。
3年のときは付属に行きますが、4年では一般校に行きます。
それぞれ希望の地区を3つまで出します。
私は第一希望が台東区、第二希望が足立区、第三希望は墨田区で提出しました。

ある日親しい仲間がテキスタイル研究室に集まって、どこを希望したとかを話していました。
私達とは離れたところに、Mさんという人が1人で座っていました。
Mさんはちょっと変な人で、友達はいません。
誰も相手にしないのです。
その時も、どうしてMさんがそこのいたのかは分かりません。

私達が話していると、突然Mさんが「へー、タイトウクなんてあるの」とボソッと言いました。
私が「あるわよ。知らなかった?」というと、「知らなかった。ダイトウクなら知ってるけど」と言います。
その上「タイトウク、タイトウクって言ってるから、可笑しくって」と言ったのです。
私はMさんが間違っていることを言おうとしましたが、馬鹿馬鹿しいのでやめました。
Mさんは、いつの間にかいなくなりました。

大阪には大東市(ダイトウシ)というところがありますね。
東京はあくまで台東区(タイトウク)です。
ことさら難しい読み方の地名でない限り、間違って読まれるのは嫌なものですね。
2016-08-07 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
久しぶりに微妙シリーズです。
17回目になりました。
またまた道楽に、お付き合い下さいませ。

DSCN2159.jpg いまだに扇風機が回っている電車です。DSCN2179.jpg 普通はこのような空調ですよね。

DSCN2251.jpg ずっと前に載せた看板です。白く塗り直してありましたが、看板がトルソーにぶら下がっているのも、何だかと思います。

DSCN2252.jpg 注文靴のお店の看板です。なんとなく汚らしいですね。

DSCN2375.jpg DSCN2376.jpg DSCN2377.jpg 普段見慣れているので気にしていませんでしたが、病院に観音像というのも不思議ですね。その上有り難いお言葉も。経営母体が浅草寺ですから、当たり前といえば当たり前ですね。心して治療をしていただかなくては。

DSCN2380.jpg DSCN2381.jpg 多肉植物の札です。食べる人はいるのでしょうか。

DSCN2383.jpg 売地です。ただいまお買い求めいただきますと、古自転車をサービスにお付けいたします。

DSCN2372.jpg DSCN2373.jpg DSCN2374.jpg 歯医者さんのゼラニウムです。ここは赤いゼラニウムだけを植えています。3段になっているのですが、1番上は3センチ程のただの溝です。元気に育っている、ど根性ゼラニウムです。

世の中変なものがけっこうあるものですね。
売地は2年くらい前から、こうなっています。
自転車も、ずっと置いてあります。
観音像は、大きいのですよ。
台座を含めると2メートル以上あります。

まだまだ微妙な物を、探していきたいです。
2016-08-05 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
南天の木の巣で育ったヒヨちゃんもだいぶ大きくなりました。
親より大きいくらいです。
今まで巣のところを通るときに、「おはよう、ヒヨちゃん」と声をかけていました。

先月の30日のことです。
朝新聞を取りに行ったら、門の上の電線に止まって鳴いています。
「ヒヨちゃん」と呼ぶと、「ヒーヨ」と答えます。
それから路地の植物を見回って、庭に入るとヒヨちゃんは巣に戻っていました。

庭の巡回をして巣のところに行くと、じっと座っています。
「ちゃんとご飯食べてる?」「カラスには気をつけるんだよ」などと、いろいろ話しかけると嘴は開けずに「ヒヨヒヨ」と小さく鳴いていました。
翌日も同じようにすると、今度は1回ごとに「うん」と言うようにまばたきをするのです。
それから毎日お話をするようになりました。

昨日は何故かヒヨちゃんが、落ち着きません。
巣の上の枝に止まって、そわそわしています。
ふと巣の中を見ると、なんとヒナがいるのです。
口ばかり大きくて、少しグロテスクです。

ヒヨちゃんの子供では、ないと思います。
親も来ているので、親の子でしょう。
ヒヨちゃんも一緒に、面倒を見ているようです。
大きくなるまで、そっとしておこうと思います。

ヒヨちゃんはとても可愛いですよ。
外から帰ってくると、私から見える位置に止まって「ヒーヨヒーヨ」と鳴いて知らせます。
「ヒヨちゃん、お帰り」と言うと、巣の方に行きます。
ヒナがいるので、朝は路地の電線の上にいるヒヨちゃんに挨拶だけするようにしています。

おまけ・ジイソブの花が咲きました。

DSCN2378.jpg DSCN2379.jpg

2016-08-03 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
先月の半ば過ぎに、掛け時計を取り替えました。
今までのものは、いつから掛かっていたのか忘れたほど古いものです。
形はごくシンプルな正方形で、周りは木枠です。
白地に黒の針と文字でした。

見やすいのですが何だか飽きてきて、代わりの物を探していました。
そこで見つけたのが、黒猫の時計です。
届いたので、早速かけ直しました。

DSCN2355.jpg DSCN2356.jpg 今までのものより小さいです。

DSCN2358.jpg 左は花で、右に子猫がしがみついています。

DSCN2357.jpg 尻尾が振り子になっています。

小さいことと黒地に白というところが、近視の私には見にくいのですが、気に入っています。
振り子のカチコチいう音が、始めのうちは雨漏りの音のように聞こえましたが、慣れました。

前の時計はボタン電池で、電器屋さんにも置いていないのです。
それで時計やさんで買っていたのですが、時計屋さんが店じまいしてしまいました。
今度のは単3の乾電池です。
その点でも、便利になりました。
古い方は、一応しまってあります。

今も尻尾を振り振り時を刻んでいます。
2016-08-01 (月) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
とうとう真夏になりましたね。
これからは生花も、花もちが悪くなるので、観葉植物にしようかどうしようか迷っています。
でもやっぱり色どりがあった方がいいかな、とも思っています。

6月と7月に飾った生花の写真を並べてみます。

DSCN2174.jpg DSCN2170.jpg DSCN2171.jpg DSCN2172.jpg DSCN2173.jpg DSCN2180.jpg DSCN2181.jpg DSCN2182.jpg DSCN2183.jpg DSCN2184.jpg DSCN2185.jpg DSCN2187.jpg DSCN2186.jpg DSCN2276.jpg DSCN2277.jpg DSCN2274.jpg DSCN2275.jpg DSCN2312.jpg DSCN2314.jpg DSCN2349.jpg DSCN2350.jpg DSCN2352.jpg DSCN2315.jpg DSCN2351.jpg

以上です。
花瓶はガラスや磁器のものが好きなのですが、最近は骨董品として売れなかった花瓶も使っています。
陶器の花瓶は重いですね。
でも、なかなかいい味があります。

花が枯れたあと、ドライフラワーになりそうなものは吊るしています。
ドライフラワーも随分増えました。
玄関に2か所、飾っています。

生花にするか観葉植物にするかは、明日スーパーに行ったとき花を見て決めます。