FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2013-06-20 (木) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
そろそろ母の介護保険が切れるので、昨日審査の為施設に行ってきました。
調査員が、以前母が施設に入居するまでお世話になっていたケアマネージャーさんだったので、良かったです。
10時半に施設で待ち合わせをしました。

5階に行ったとき、母はお風呂だったみたいで居なかったので、母の部屋で少し待ちました。
母が戻ってきたので、ケアマネさん(Sさんといいます)が「こんにちは~、暫くね~」と言うとニコニコしていました。
「私のこと覚えてる?」と聞かれて「ハナコさん」と答えていました。
私は奥にいたのですが「じゃ、あの人は?」と私を指差したら、また「ハナコさん」と言っていました。

調査が始まって、色々な質問をするのですが、自分の名前と生年月日はちゃんと言えました。
あとはトンチンカンです。

母は「かまってちゃん」なのです。
いつも自分の相手をしていてもらわないと、機嫌が悪くなります。
在宅で介護していた時もそうでした。
ヒステリーを起こして騒いだり、痛くないのに「痛い、痛い」と言い続けたりします。

施設側のケアマネさんとSさんが話していると、怒ります。
でも伝えなくてはならないこともあるので、暫く2人が話していました。
そうしたら、私に向かって胸のあたりを摩りながら「痛い」と言います。
「痛いの?苦しいの?」と聞いたら「うん」と答えましたが、何でもないようでした。

ケアマネさん同士の話が終わらないので、母は怒り出してしまいました。
そしてSさんに向かって「バカ!死ね!」なんて拳を突き出すのです。
宥めたのですが、怒った顔をしています。
Sさんのことは、微かに記憶にあるようで、自分に会いに来てくれたのに相手をしてくれないと怒っているようでした。

調査は20分程で終わりました。
「それじゃ、みんなのところに行こう」と言って、私が車椅子を押してデイルームに行きました。
怒りはまだ収まらないみたいで、「また来るね」と言っても「嘘!来ないくせに」と言います。
「来るよ、ちゃんと来てるじゃない」と言ったのですが「ず~っと来てない」と言うのです。

帰り際に手を振ったら、ブスッとして睨んでいました。
角を曲がる時もう一度手を振ったら、今度は振ってくれました。

現在要介護4なのですが、多分そのままだと思います。
審査は2年おきにあります。
素人の私が見ても、かなり認知は進んでいるように感じます。
ただ寝たきりではないのが救いです。
スポンサーサイト