このブログは、リンクフリーです。
2013-05-09 (木) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
クラス会があったこと、Y君が元気だったことを聞いて、会いたかったという思いが強くなりました。
でも、行動に移す勇気はありませんでした。

Y君は、大学を卒業して、ある大手電子部品の会社に勤めています。
仕事は営業技術です。
私が知っているのは、そのことと住所、電話番号だけです。

連絡はしませんでした。
何故躊躇したのかは、自分でもわかりません。
そして音信不通のまま年月が過ぎていきました。
時々思い出しては、どうしているかなぁと気にはなっていました。
多分もう結婚してるんだろうと思っていました。

私はその間、我武者羅に働き、琵琶のお稽古や演奏会などで忙しくしていました。
Y君のことなど、とっくに忘れました。
というのは嘘で、やっぱり忘れることはできませんでした。
でも恋愛とか結婚とかには興味を失っていました。
ただ会いたかっただけです。

私にとってY君は嫌いにならずに終わった、たった1人の人です。
お別れは言ってないので、終わったのかどうかもわかりません。

先日、何の気なしに検索してみようと思いました。
個人名だから、わからなくてもダメモトです。
ところが1ページ目でヒットしたのです。
同姓同名の異人かと思いました。
学歴、経歴が一致しているのです。
誕生日も同じです。
本人に間違いないと確信しました。

Y君は今、最初に勤めた会社の子会社の社長になっていました。
写真も見ましたが、本人でした。
少し太ったかなということと、髪がやや後退したみたいということ以外、昔のままでした。
会社で作った動画も見ました。
少し高目だった声が落ち着いた声になっている以外、かわっていません。

なんだか、とても嬉しかったです。
出世して順風満帆の人生を送っているのかと思うと、安心しました。
Y君は184センチと長身です。
それが少し太ったせいで、貫禄がついてきました。
実年齢より若々しく、素敵です。

彼の人生に波風を立てたくありません。
そっとしておこうと思いました。

でも本当は、すごく会いたいです。
Y社長としてではなく、仲良しのY君として。
スポンサーサイト