このブログは、リンクフリーです。
2012-11-30 (金) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私はお料理に砂糖を使いません。
煮物も醤油だけです。

元々小食でしたが、去年からもっと食べられなくなりました。
ご飯は子供用の小さい茶碗に半分です。
それでも一応食べなくてはと思い食べていました。

内科の先生が、食べられない時はヨーグルトを食べなさいと仰いました。
何味でもいいそうです。
腸を動かさないと、ほかの内臓も動かないので、腸を動かすことが大事なんだということです。

朝は少しでもご飯を食べます。
昼はパンです。
夕食の時、ヨーグルトを食べることが増えました。
週に2~3回はヨーグルトです。

私が食べるヨーグルトはプレーンです。
それには、混ぜることができるように、砂糖の袋が付いてます。
砂糖はいらないので、冷蔵庫にそのまま入れてあちます。
こうやって、醤油やタレ、辛子やワサビの小袋が溜まって、結局は捨てるんですけど。

先日食品の定期ボックスに、小さな厚揚げやガンモなどの豆腐製品が入っていました。
普通でしたら、こういうものも醤油だけで煮るのですけど、ヨーグルトに付いていた砂糖を少し入れてみました。
甘ったるくならない程度に少量です。
食べてみたら意外と美味しいのです。
味にコクが出たというか。

炒め物でも、隠し味に砂糖を少々入れたりしますね。
それはちょっとやりたくないですが、煮物にはいいかもしれません。

砂糖の小袋が溜まってきてるので、これからは煮物で消費しようと思います。

スポンサーサイト
2012-11-28 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
浅草では5月末と6月末の2回、植木市があります。
植木の数もすごいですが、その他の屋台もたくさん並びます。

何時のころからか、屋台で子犬、子猫を売るようになりました。
ちゃんとしたペットショップと違って、純血種ではありません。
その辺からかき集めた(盗んだ?)みたいな犬猫です。
でも小さくて可愛いんです。
見ると欲しくなるような子達ばかりです。

あれをぼろ儲けというんでしょうね。
値段は、あってないようなものです。
客を見て適当に言っているみたいです。
結構高いんですよ。
5000円とか7000円とか。

まだ犬を飼っていた頃、動物病院でその話をしていました。
先生の奥さんが「あんなとこ絶対近付いちゃ駄目よ」と言います。
きちんと管理していないので、病気の子が多いのだそうです。
屋台で買ったという子を診察したけど、血便をしていたそうです。

運搬はダンボール箱にギュウギュウ詰めにして運び、途中で死んだ子はそのままゴミバケツに放り込んで行くんだと言っていました。
動物病院は植木市の中にあるので、目の当たりにしているみたいです。

鬼畜だと言っていました。
命ある子達を物としか扱っていない、金儲けの道具としか考えていないのです。
病気の子がいれば、感染していきます。
それを平気で売ってしまう。
良心なんかないのでしょうね。

生きている動物をそんな風にしか見ることができない人間は最低です。
それから私も、その屋台の一角は近寄らないようにしています。
冷静に見ることなんかできません。
見てしまえば可哀想になります。

ここ暫く植木市には行っていないので、まだその屋台があるかどうかわかりませんが、どうかなくなっていますようにと思います。

犬猫を捨てるのだって考えられない行為なのに、それで金儲けをするなんて人間のすることではありませんね。
そんなことをしていた人間はロクな死に方しません。
2012-11-26 (月) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私は生玉子が食べられませんでした。
玉子料理は食べられます。
半熟でも大丈夫です。

小さい頃は玉子かけご飯も食べていました。
何時のころからか、生玉子の生臭さが鼻に付いて食べられなくなりました。
食べると気持ち悪くなります。

玉子かけご飯を食べる時は、ご飯に玉子と醤油を混ぜてチンして、半熟状態にして食べていました。
それでも、あまり美味しいものでもないので、滅多に食べません。

料理自体、母が施設に入ってからは、たいしてしないので、わざわざ玉子を買うこともなくなりました。
材料はある物で済ませてしまいます。

フルーツセットを買うようになってからです。
「おまけ」に玉子を2個くれるのです。
初めは料理に使っていました。

一昨日の朝、前日来たフルーツセットの玉子で、玉子かけご飯を食べてみようかとふと思いました。
レンジでチンしない本来の卵かけご飯です。
私はご飯を少ししか食べないので、玉子1個だとドブドブなんですけど、食べました。
これが美味しかったのです。
何で今迄食べられなかったんだろうと思いました。

美味しいので昨日も食べました。
玉子はなくなりました。

明日買って来ようかな。

2012-11-24 (土) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私はかなり神経質なところがあります。
先のことを考えて不安になるのです。

トイレもそうです。
田舎に行くときなどは、家を出る前にトイレに行き、電車に乗る前に駅でも行き、乗ってからも電車の中で行き、電車から降りてからも駅で行き、という具合でした。
田舎に行っていた頃は、まだ快速電車がなく、準急電車です。
トイレは付いているので、心配は無いはずなんですけど、神経で行きたくなるのです。

学校に行っている時も休み時間ごとにトイレに行ってました。
授業中に行きたくなったらどうしようという不安からでした。
小学生の頃は授業中でも、先生に断って行くことができるのですが、なるべくそうなりたくなかったのです。
中学以上になると、さすがに恥ずかしくて授業中には行けません。
それで休み時間のトイレは必要不可欠でした。

行ったからといって、それ程出るわけではないのです。
でも行かないと気がすみませんでした。

大学生になったら、1時限の授業が110分です。
実技の時はわりと自由に出入りできるので、大丈夫でしたが、講義の時はそうもいきません。
出ることができない110分というのは長いですよ。
だから終わったらそのまま提出して出て行ける試験の時のほうが気楽でした。

心配するほどの事もなく、粗相をしたことは幸いありません。
中学の時、1度終わりごろに行きたくなり、歯を食いしばって我慢したことがあります。

社会人になってからも、時間の区切りごとにトイレに行く習慣は残っていました。
出掛ける前、電車に乗る前は必ず行ってました。

最近ようやくあまり気にならなくなりました。
トイレに行く回数も減りました。

尿が溜まって行きたいというのではなく、神経過敏が不安を招いて用心のため行っていたのです。
やっと普通になりましたが、随分トイレの近い人間でした。
2012-11-22 (木) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私はマニアではないので、乗り物のことは全くわからないのですが、見るのは好きです。
特に航空機を眺めているのが好きです。

まだ今みたいに宅配業者が無かったころ、航空便の荷物は羽田空港まで持って行っていました。
私が勤めていた画廊で利用していたのは、全日空貨物でした。
羽田に荷物を持っていった帰り、よく芝生に座ってジェット機の離着陸をボーッと眺めていました。

飛行機って傍で見ると、結構汚れていて汚いんですけど、離れて見るとカッコいいです。
形がいいですね。
流線型の細長い胴体に華麗な翼。
いつまで見ていても飽きません。

飛行船もコロンとしていて可愛いです。
あれは低空でゆっくり飛ぶので、肉眼でも文字やイラストがよく見えます。
空飛ぶ魚みたいです。

一時よく飛んでいましたが、暫く途絶え、また最近目にするようになりました。
家の上に来ると、あれ?曇ってきたのかな?と思うほど影ができます。
唸るような音もいいですね。

ヘリコプターは煩いので嫌いです。
戦闘機なんかもゴツイから好きではありません。

飛行機以外は乗ったことありませんけど、相当揺れるらしいですね。
乗るより見ているほうがいいです。

あと鉄道では初代の新幹線「こだま」がすきでした。
丸い鼻面が可愛いです。
新しい新幹線は前がいやにペッタンコで可愛くないです。
スピードの関係でああいう形になったのでしょうけど、好きな形ではありません。

ジェット機も、もし先が尖っていたら嫌いかもしれません。
なんとなく丸みのある形が好きです。

本当の航空機マニア、鉄道マニアにはいろいろ薀蓄があるのでしょうが、私は素人なので専門的なことはわかりません。
ただ、好きな形というのはあります。
シンプルで丸みがある形が好きです。
2012-11-20 (火) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
元々果物があまり好きではない私が、美容と健康の為に果物を毎日食べるようになったのは、今年からです。
食べつけると習慣になって、いつも果物を切らさないようになりました。

果物は「フルーツ詰め合わせセット」というのを買っています。
何が入っているか、開けてみるまでわかりません。
もう1つは、食材の定期ボックスで買います。
定期ボックスは事前にメールがくるので、要らない物は削除できます。
今迄は果物を削除することもありましたが、今年になってからは全部買ってます。

今シーズンの柿も何度かたべました。
私は柿は殆どたべません。
家に柿の木があって、毎年実がなりましたが1度も食べたことはありませんでした。
何年か前にアメリカシロヒトリにやられたので、切り倒して今はもうありません。

先日、定期ボックスに入っていた庄内柿を食べました。
すごく甘くて美味しかったです。
その前にも入っていた柿を食べましたがこれほど美味しいとは思いませんでした。
ちょっと目からウロコです。
柿ってこんなに美味しいんだ、と今迄のイメージが崩れました。

柿好きになりそうです。
庄内柿、美味しいですよ。
2012-11-18 (日) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
今では食品には当たり前のように賞味期限、消費期限が表示されていますが、守っていますか?
私は最近までは、結構神経質に守っていました。
この頃はあまり気にしなくなりました。

以前はそのような表示はありませんでしたよね。
見た目、匂い、味で判断していました。
それでもたいした問題はなかったように記憶しています。

賞味期限は、その日までは美味しく食べられるけれど、過ぎたら味が落ちるということですね。
別に腐るということではありません。
でも少しくらい過ぎても変わらないように思います。

特にお菓子類はあまり変わらないのではないでしょうか。
お煎餅やアメ、クッキーなど、期限を過ぎていてもどうってことないです。
シケてしまったら不味いというだけです。

黴は生えてたり、ドロドロになってたりしたら、さすがに捨てますが、見た目が大丈夫なら少し食べてみます。
味が変わっていなければ、そのまま食べてしまいます。
お米だって古米、古古米が食べられるのですから、大抵のものは大丈夫だと思います。

肉や魚などの生ものは別ですけど。

お菓子や調味料などは、気にしません。
賞味期限と消費期限の混同もあるようですね。

いつから日本人はこんなに神経質になってしまったのでしょう。
冷蔵庫の無い時代にもちゃんと食べられる、食べられないは区別できていたのに。
もっと自分の五感を信じてもいいのではないでしょうか。

私は賞味期限が先月切れたラスクをまだ食べています。
全く問題ないです。
2012-11-16 (金) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
保健所行き寸前だったトイプードルの女の子を引き取って1年後のことです。
その子は由緒正しき血統だったらしく、顔は可愛く美人で足もスラリと長く真っ直ぐでした。
ガラスケースに入れて飾っておきたいほどの美犬です。

1年後に罹りつけの動物病院で男の子のトイプードルを飼ってくれと頼まれました。
1年間美しい子を見慣れていたせいか、先生に見せられた子は何ともブサイクでした。
細いツリ目にがに股、色も白には違いないけれど純白ではありません。
でも飼うことにしました。

話を聞いてみると、とても可哀想な子です。
ロクにかまってももらえず、名前さえついていませんでした。
赤ん坊のいる家庭だったらしく、犬はベランダ飼いだったようです。
お兄ちゃん犬と2匹いるのですが、よくガウガウされていたらしく萎縮していました。
飼い主一家がいつの間にか引越しして、犬だけが2匹ベランダに置き去りにされました。

私が引き取ったのは弟犬です。
マックと名付けました。
最初はオドオドとして、散歩の経験もないのか連れて行くと怯えて歩きません。
それでも先住のお姉ちゃん犬は嫌がらず迎え入れました。

抱っこされたこともなかったみたいです。
抱っこするとバタバタもがいて手足を突っ張ります。

毎日「マックは可愛いね」「マックはいい子だね」と言ってスキンシップをしているうちに、自分から抱っこをせがむようになりました。
そして細い目がだんだん丸く可愛くなってきたのです。
がに股は直りませんでしたが、本当に可愛くなりました。
性格も良く言うことを聞くいい子に成長しました。

お姉ちゃん犬が先に亡くなり、一人っ子になったら益々甘えん坊になりました。

家に来て10年、可愛いいい子のまま癌で虹の橋を渡って行きました。

犬でも猫でも、「可愛い」「いい子」と繰り返し言ってあげると、本当にそうなるそうです。
逆に「馬鹿だ」「ブスだ」と言われ続けた子はその通りになるみたいです。

動物を飼ったら、できるだけたくさん褒めてあげましょう。
マックがいい例です。
あんなブサイクだったのが、見違えるほど可愛くなったのですから。
2012-11-14 (水) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
家にはブラックホールがあります。
というのは嘘ですが、不思議なことはあります。
物が消えたり出てきたりするのです。

去年、母の湯呑みが見つからなくなりました。
置き場所の近辺をいくら探してもありません。
ゴミ箱の中も掻き回してみましたし、逆さにしてみたりもしました。
湯呑みですから、そんなに小さな物ではありません。
2~3日部屋中探しましたが、ありませんでした。
母も、もう家に帰って来ることもないしいいか、なんて思って諦めました。

それから2ヶ月ほどして、なんとゴミ箱の中から出てきたのです。
ゴミはゴミ箱の中にレジ袋を入れて、そこに捨てます。
ゴミ出しの日にレジ袋だけ出して捨てに行きます。
その度に一応確かめてはいたのです。
でもずっとありませんでした。
突然現れて吃驚したと同時に、何で???でした。

私はピアスをいくつか小さな箱に入れて、テーブルの隅に置いています。
その箱を落としてしまいました。
箱はあったのですが、中のピアスがありません。
ワゴンの下も探したのですが、出てきたのは片方ずつ2つだけでした。

掃除の度に丁寧に探しましたがありません。
それがある日ワゴンの下に落ちているのです。
数は全部で6組12個です。
あんなに探したのにと、とても不思議でした。
しかも1度に出てきたというのもおかしいです。

ハングタイプのピアスは寝ている間によく外れます。
大抵布団のあたりに落ちています。
姉にもらったオニキスのピアスが、片方外れました。
布団も洋服もパジャマも寝室も、つぶさに探したのですがありません。
それが5日位経ってから、玄関マットの上から出てきました。
玄関マットは毎日出入りの時に踏んでますし、掃除もしてます。
なんであんなところにあったのか謎です。

こういうことが、時々あるのです。
物が突然消えると、またブラックホールに吸い込まれたんだと思うようにしています。
実際はどうなっているのか、サッパリわかりません。

最近だけのことではないのです。
もうずっと前からです。
2012-11-12 (月) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
「水色ともちゃん」というのは漫画です。
統合失調症の患者さんが描いています。

この漫画を知ったのは、精神神経科の診察室です。
先生の机の前の壁に手描きのビラが貼ってあったのです。
気がついたのは先月の診察の時です。
「先生が描いたの?」と聞いたら「うん、前はもっと描いたけど最近はあんまり描いてない」と言いました。
「漫画?アニメ?」と言うとニヤニヤ笑いながら「パソコン得意でしょ?探してみて」と言います。
「得意じゃないけど検索してみる」と言ってその日は終わりました。

家に帰って検索しても、それらしいものがありません。
ユルいキャラのユルいゲームが出てきます。
私は「みずいろちゃん」と記憶していました。
ビラも雑で顔の水色も半分しか塗っていないような気がしていました。

先週の土曜日、診察に行きました。
もう一度ビラを見たら「水色ともちゃん」となっていて、色もきちんと塗ってあります。
「あれ?描き直した?」と聞いたら「え、描き直してないよ」と言うのです。
私の記憶も随分怪しくなってきたようです。
URLをメモしていたら「水色ともちゃんで出てくるよ」と笑われました。

家で検索してみたら「水色ともちゃん」ですぐ見つかりました。
日常のことや、診察のこと、薬のことなどが漫画で描いてあります。
絵も字もヘタなのですが、結構面白いです。
参考になるところもあります。

漫画しか出ていないので、ブログなのか何なのかわかりません。
漫画はクリックすると大きくなります。
興味のあるかたは検索してみてください。

精神科医推奨の漫画です。
これを見て精神疾患の患者への偏見が少しでも減るといいなと思います。
2012-11-10 (土) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
春眠暁を覚えずとはよくいいますが、私は秋眠です。
毎日眠くてしかたがありません。

夜は10時間寝ています。
そのほかに昼間、午前に1回、午後に2回横になります。
1時間くらい寝ようと思っていて、大抵1時間半眠ってしまいます。
1日の半分以上眠っていることになります。

今日は朝病院に行きました。
待っている間も眠くて、トロトロしていました。
朝早く家を出たので、帰ってからはいろいろやっていて起きていました。
昼食が済んだら、眠くて2時間半も寝てしまいました。

午後はインフルエンザの予防注射をしに病院に行ってきました。
4時頃帰ってきましたが、時間が中途半端なので、このまま起きていようと思います。
何時までもつかわかりませんが。

兎に角眠いのです。
寝てばかりいます。
でも、からだが休養を欲しているのだと思って、無理に起きていることはしません。

夏も春も眠かったのですが、これほどではありませんでした。
眠った後は暫くの間元気になります。

出かける用事がない限り、自然に任せようと思います。
私の秋は睡眠の秋です。
2012-11-08 (木) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私はSNSというものに、mixiとtwitterには一応登録していますが、殆ど利用していません。
facebookは、実名登録というのが嫌なので、登録していません。

SNSは入りたてのころは、書き込んだりしていたのですが、だんだん遠ざかりました。
twitterは書く事がないのです。
つぶやくといっても、短いつぶやきでは何が言いたいのかわからないと思います。
自分が何してるとか何処にいるとかつぶやいても、見ず知らずの他人にとっては「それで?」「それが?」の世界でしょう。
私も他人のつぶやきを見ても「ふ~ん」ですから。

1番古くからやっているのはブログです。
ブログだとまとまった文章が書けます。
読んでくださるのは、見ず知らずのかたでも、大体の人物像がつかめると思います。
それで好みのブログだったら読み続けてくださるし、コメントをいただけたりもします。

私もブログを読むのは好きです。
色々な文章、写真で楽しむことができます。
読んでいるブログのカテゴリは様々です。
ブログ巡りするのが趣味の一つになっています。

コメントのやりとりも楽しいですね。
ブロ友さんになったかた達は皆大切なお友達です。
6年以上のブログ生活で、色々なかたに巡り合い、そしてお別れもしました。
だんだん記事を書かなくなった人、突然削除した人、やめる宣言をしてやめた人、お別れは寂しいですけど、これも仕方の無いこと。

ブログもSNSの一種かもしれませんが、詳しい区分けはわかりません。

私はやっぱりブログが好きです。
2012-11-06 (火) | 編集 |
こんにちは、まみこです、
今更結婚するわけではありませんが、架空のこととして考えてみました。
こういう職業の人との結婚は無理だな、と思う話です。

1:芸能人
人気商売ですよね。
売れてるときはいいですけど、顔と名前が知れ渡っているので、落ち目になったらツブシがききません。
生活も不規則ですし、収入も不安定です。
人気が出れば天狗になる恐れもあります。
人間関係が複雑だし、外で何をしているかわかりません。

2:スポーツ選手
食事などの体調管理が大変です。
選手としての寿命は短いので、引退後の不安があります。
監督やコーチ、解説者として生き残れるのは、ほんの一握りでしょう。

3:政治家
胡散臭いです。
地元を守っていかなくてはなりません。
社交的な性格じゃないと勤まらないです。

以上です。
共通しているのは、人気があるかないかということです。
それによって家庭内の空気がちがってきます。
また、家を留守にしがちということも言えます。
その職を辞した場合、転職が難しいのも同じです。

3つ挙げましたが、一見華やかだけど不安定な職業ばかりですね。
地味でも普通の暮らしがいいです。

職業だけでは決められませんが、上の3つは嫌です。
もっとも私などお呼びでないでしょうが。
それに私自身が結婚はもうしませんから、ほんのお遊びです。

気を悪くなさるかたがいらっしゃいましたら、すみません。
2012-11-04 (日) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
1人になってから自分で麺を茹でることはなくなりましたが、以前は時々乾麺を使っていました。

私は麺は柔らかいほうが好きです。
お蕎麦以外は人から見たら茹で過ぎというくらい柔らかくします。
うどんもパスタもしっかり茹でます。

パスタはアルデンティとかって、芯が残る程度のほうが好まれるようですが、私は苦手です。
芯が全くなくなるまで茹でます。
うどんも少しデロッとしたほうが好きです。

堅いものが食べられないというのではありません。
お煎餅とか堅焼きが美味しいですし、パリパリしたものも好きです。

麺類に限れば柔らかいほうがいいです。
ノビたお蕎麦は駄目ですけどね。
ラーメンはノビてもいけます。

カップ麺などは、熱湯3分という場合4分にします。

茹で加減の好みは人夫々ですね。
私は食べ物に関して通ではないので、パスタはこうでなきゃ、みたいな薀蓄は嫌いです。

味付けでも何でもそうですね。
万人が好むというのは、なかなか無いように思います。

要は自分が美味しいと思えば、それでいいのではないでしょうか。
2012-11-02 (金) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
また思い出話です。
私は教員養成大学に行っていたので、教育実習があります。
3年は付属に、4年は一般校に夫々6週間ずつです。

3年で付属中学に行ったときです。
付属中学は4校しかないので、集団で行きます。
美術科は5人だったと思います。

3年生にS君という可愛い男子がいました。
空き時間などは美術準備室にタムロしておしゃべりしていました。
みんなで「S君可愛いよね」なんて話していました。
イケメンというのではないのですが、なんとなくキュートな感じの子でした。

S君はバスケット部です。
休み時間になると校庭に出てきて、バスケットで遊んでいました。
準備室の下が校庭なので、よく窓から覗いて「S君いるよ」とか言って眺めていました。
美術科の連中で、放課後体育館にバスケットの練習を見に行ったこともあります。
私達のアイドルのようなものでした。

S君の席は窓側の1番後ろです。
美術は授業中も結構自由です。
要は作品なので。
ガヤガヤし始めるとS君が「先生」と言って手招きするので、よく後ろの席に座っておしゃべりしました。
S君を含めて4人の生徒と話していました。
引き上げようとすると「もっと話そうよ」と言われます。
私も楽しんでいました。

最後の授業の時です。
本物の美術教師が「今日で教育実習の先生方は終わりになります」という話をしました。
みんな立って聞いていました。
私はS君の後ろに立っていました。

教師の話が終わって、解散になる直前です。
突然S君が振り向いて「あげる」と言って針金で作ったハートをくれたのです。
何か下向いてゴチョゴチョやってるな、とは思っていたのですけど、ハートを作っていたとは。
吃驚しましたが「ありがと」と受け取りました。
S君は一目散に教室を飛び出して行ってしまったので、この話はこれで終わりです。

もらったハートは記念に取って置いたのですが、いつの間にかなくなってしまいました。
でもホンワカするような思い出です。