FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2012-05-21 (月) | 編集 |
こんにちは、まみこです。
私は暗示にかかりやすい性格なのかもしれません。

2年程前から心療内科のカウンセリングをうけるようになりました。
自ら行ったのではなく、母の薬を取りに毎週行っていたのです。
ある日先生が私の様子がおかしいから、カルテを作って診てくれると仰ったのです。
それでカウンセリングが始まりました。

先生は介護欝と診断されました。
欝は薬なんかいらないと言って、N医大病院から出ている薬を少しずつ減らしていきました。
私も話しているうちにだんだんその気になってきました。
病気じゃない、治るんだと。

その先生(名前知りません)は「お婆ちゃん(母のこと)だってもう2~3ヶ月もすれば死ぬよ。それよりアタシ(私のことをこう呼びます)自身のことを考えなさいよ」と仰います。
事実、良くなったような気がしました。
横浜アリーナに行ったり、名古屋に行ったりできました。
少し有頂天になりました。
ヤッタ~ッという感じです。

ところが2~3ヶ月で死ぬ筈の母は、ありがたいことに2年経った今でも生きてます。
薬は減らしましたがN医大病院には定期的に行っていました。
去年の3月29日に義兄からの電話で一気に精神のバランスが崩れ、具合が悪くなりました。

夏には最悪で、心療内科にも通えなくなりました。
それから1度も行っていません。
N医大病院では欝が悪化してるので薬を飲んでと言われました。
心療内科に行ったら多分やめろと言われるでしょう。

それでS病院の内科に行った時、先生に相談しました。
A先生は「こういう問題って起きてくるんだよな~」と腕組みして暫く考えていましたが「お母さんの薬は今でも取りに行ってるの?」と聞かれたので「施設で出してもらってるから」と答えました。
「それじゃ、心療内科はやめたら?板ばさみになってどうしていいか分からなくなるでしょ?」と仰いました。
「その先生ちょっと強引だな」と首をかしげていました。

あれから1年、母が施設に入居してからも9ヵ月ほど経ちます。
介護の必要がなくなっても欝は治りません。
ということは介護欝ではなかったのですね。
パニック障害も治りません。

暗示にかかって良くなったと思っていた私は本当にバカです。
スポンサーサイト