FC2ブログ
このブログは、リンクフリーです。
2019-02-21 (木) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
またまた、小さな植物を買い込みました。
珍しい植物が多いので、つい欲しくなってしまいます。
新しい仲間達を、見てください。

DSCN6489.jpg DSCN6490.jpg DSCN6491.jpg DSCN6492.jpg  「ヘデラへリックス」です。一見普通のヘデラですが、葉の縁と真ん中の葉脈がピンクです。お酒に酔ったみたいです。

DSCN6499.jpg DSCN6500.jpg DSCN6501.jpg 「オキザリス・孔雀の舞」です。中心は緑色で、外側にいくにしたがって紫色になっていきます。葉っぱの形も、綺麗でしょう。

DSCN6502.jpg DSCN6503.jpg DSCN6504.jpg 「常緑アジサイ・碧の瞳」です。小さな小さなアジサイです。普通のアジサイに比べたら、本当にアジサイ?と思うくらい小さいです。花も咲きます。

DSCN6514.jpg DSCN6515.jpg DSCN6517.jpg 「ロータス・プリムストーン」です。新しい葉っぱは黄色くて、可愛いです。フワフワした感じで、手触りがいいです。

DSCN6518.jpg DSCN6519.jpg DSCN6521.jpg 「スズランエリカ」です。スズランのように下向きの白い花が、たくさん咲いています。コロンとしていて、可愛いです。

DSCN6533.jpg DSCN6534.jpg DSCN6535.jpg 「パルマスミレ」です。大形のスミレで、花も八重です。香りがあります。

今回は以上です。
まだ注文しているのがあるので、いくつかたまったら又紹介しますね。
みんな元気に成長してくれると、いいのですが。
けっこう失敗もしているんですよ。
スポンサーサイト
2019-02-19 (火) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
まだまだ寒い日が続きますね。
皆さん、暖房はどうしていらっしゃいますか?
私はエアコンは使わず、ストーブのみです。
普段は灯油ストーブで、それでも寒い時はガスストーブをつけます。
椅子には、電気マットを敷いています。

あまり厚着はしないので、寒いと上にベストを着ていました。
それでも寒い時があります。
そんな折、先日半纏があることを思い出しました。
押し入れを探したら、2枚見つかりました。
そのうち、母が着ていたほうを今着ています。

DSCN6536.jpg DSCN6537.jpg 色柄はダサいですけど、愛用しています。

DSCN6538.jpg DSCN6539.jpg DSCN6540.jpg 手縫いです。

母ではなく、親戚の誰かが作ったものです。
母も和裁はできますが、この色柄は選ばないはずです。
でも母が着ていたものなので、着ています。

中に綿が入っているので、とても温かいですよ。
それに意外と軽いので、肩も凝りません。
これで外に出て行くわけではないので、重宝しています。
このレトロ感が、何とも言えないですね。
2019-02-17 (日) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
椿の花が、また開きました。
鉢植えの椿なので、ひっそりと咲いています。

DSCN6522.jpg DSCN6523.jpg 「菊茶花」です。真っ白な八重咲きの椿で、極小輪です。小さくて可愛いですよ。

DSCN6524.jpg DSCN6525.jpg 「数寄屋侘助」です。上品な花です。

DSCN6526.jpg DSCN6527.jpg 色は赤ですが、「青い珊瑚礁」という名前です。中輪です。

DSCN6528.jpg DSCN6529.jpg 「ピンク侘助」です。これは路地にあります。去年毛虫に葉を食い荒らされてしまいましたが、咲いてくれました。

DSCN6530.jpg DSCN6531.jpg 庭のクリスマスローズに、蕾が付きました。

DSCN6532.jpg 「キンカン」です。今年は4個しか、実がなりませんでした。もう少し熟したら、食べようと思います。

毎日寒いですが、確実に春は近づいているようです。
ベランダでは、小さな植物達が頑張っています。
そのうち紹介しますね。
2019-02-15 (金) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
最近時々猫の漫画を読んでいます。
猫だけが好きなわけではなく犬も好きなのですが、犬が登場するのはなんとなく泣ける話が多いような気がして敬遠してしまいます。
その点猫の話は、面白かったりほのぼのしたりで、涙腺が緩むこともなく読めます

今月の初めごろに、猫の漫画を1巻から3巻まで買いました。
面白くて、どんどん読んでしまいました。
「鴻池剛と猫のぽんた・ニャアアアン」という漫画です。

DSCN6465.jpg DSCN6466.jpg DSCN6467.jpgDSCN6468.jpgDSCN6469.jpg DSCN6470.jpg DSCN6471.jpg DSCN6472.jpg DSCN6473.jpg  第一巻です。主人公が友人の「メガネ」にもらった、保護ネコ「ぽんた」との出会いから始まります。「メガネ」は「のんた」と呼んでいましたが、「ぽんた」と改名されます。

DSCN6474.jpg DSCN6475.jpg DSCN6476.jpg DSCN6477.jpg DSCN6478.jpg  DSCN6479.jpg DSCN6480.jpg 第2巻です。「ぽんた」と暮らしていた主人公は、夜道で目を怪我していた子猫を保護します。そしてそのまま飼うことになりました。名前は「アルフ」こと「アルフレッド」です。

DSCN6481.jpg DSCN6482.jpg DSCN6483.jpg DSCN6484.jpg DSCN6485.jpg DSCN6486.jpg DSCN6487.jpg DSCN6488.jpg 第3巻です。1人と2匹のドタバタは続きます。

鴻池剛さんというのは漫画家で、この本は実話のようです。
2匹とも似たようなサバトラブチ模様ですが、本では「ぽんた」が茶色「アルフ」がグレーで描かれています。
写真もふんだんにあり、面白いですよ。
主人公(多分本人)が、情けないヘタレな独身男性で、そこがまた楽しいです。

興味のある方は、是非どうぞ。
2019-02-13 (水) | 編集 |
おはようございます、まみこです。
前回までは、姪のことを長々と書いてしまいました。
心の中のモヤモヤが、どうしても晴れず欝々としています。
それでも書くことによって、少し吐き出せた気がします。

では気分を変えて、12月と1月に飾った花を載せてみます。
気温が低いせいか、花もちがよく数は少ないです。

DSCN6235.jpg DSCN6236.jpg DSCN6237.jpg DSCN6238.jpg

DSCN6291.jpg DSCN6292.jpg DSCN6293.jpg DSCN6294.jpg

DSCN6295.jpg

DSCN6348.jpg

DSCN6392.jpg DSCN6393.jpg DSCN6394.jpg DSCN6395.jpg

DSCN6396.jpg

名前の分からないえんじ色の花が、長持ちして2度使いました。
始めは閉じていたのですが、だんだん開いてきました。
アリストロメリアも、よくもちますね。

1つで写っているのは、仏さまの花の生き残りです。
松と南天も、つい先日までありました。
まだ元気だったのですが、お正月っぽいので処分しました。

スターチスとピンクのアリストロメリアは、今でもあります。
別々に生けました。
冬は花の種類も少ないですね。